北朝鮮の内閣機関紙・民主朝鮮は24日、米軍の兵士らが「戦争恐怖症に悩まされ、ぶるぶる震えている」とする署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、米第7艦隊所属巡洋艦シャイローの海兵らが、「『恐ろしいことが起きるのはただ時間の問題だ』『艦船と乗組員のうち、どちらがまず破壊されるかを見るための競技場に出た気持ちだ』『水に浮かぶ監獄に居る感じだ』と言ってそわそわしている様子を隠さなかった」とし、「艦隊の実態は嘆かわしい限りである」と述べた。

また、「地獄のような艦船に乗って先鋭な水域で戦闘勤務に駆り出されなければならない艦船の海兵らが、ひどい憂うつ症と恐怖に苦しんだあげく、自殺まで図っているのは当然である」と指摘した。

さらに、「軍隊では兵士らが戦争恐怖症に悩まされ、ぶるぶる震えている時に、民間では地下防空壕を建設する、防毒面を買い入れるとして悲惨な死から逃れようと騒動を起こしているのが米国の実状である」と強調した。

その上で、「強国として威容を宣揚している共和国を『完全破壊』すると狂奔するトランプをはじめ米国の執権層こそ、腐った卵で岩を砕こうとする間抜けだと言わざるを得ない」と嘲笑した。