昨年覇者の申ジエは難関・17番をしっかりとパーセーブ 接戦を逃げ切った(撮影:ALBA)

写真拡大

<樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント 事前情報◇25日◇武蔵丘ゴルフコース (6,580ヤード・パー72)>

埼玉県の武蔵丘ゴルフコースにて27日(金)から3日間の日程で開催される国内女子ツアー「樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント」。優勝へのカギを握る“Key Hole”として、今回は17番ホールをピックアップ。

【関連】申ジエと同級生!キム・ハヌルの特選フォト
■17番ホール(405ヤード・パー4)
舞台となるのは、昨年と同じく美しい景観が広がる武蔵丘ゴルフコース。フェアウェイは広いが、アンジュレーションが大きいのが特徴。

加えて戦略性を高めているのが、コース内に配置されているハザード。17番ホールでは、グリーンを囲むように大きな池が広がっている。さらにセカンドショット地点が左足下がりとなっているため、気を抜けば厳しいペナルティに一直線。昨年大会では最終日に17番でバーディを奪ったのはわずか3人と難易度の高さがうかがえる。

昨年覇者の申ジエ(韓国)は最終日、前半で4つスコアを伸ばして17番はパーセーブ。2位の李知姫(韓国)も3日間をパーでしのいだ。全ホール通じて長い上に、フェアウェイのうねりとコースに広がる池をどう攻略していくかが見どころとなる。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

大江香織、木戸愛が賞金シードをほぼ手中に!竹内美雪は自身初のシード獲得なるか
よく分かる日本女子ツアー賞金ランキング【主に崖っぷち編】
【辻にぃ見聞】勝負どころで仕留めた申ジエの強さ 決め手は究極の“インサイドイン”
昨年大会の最終結果
ボミがサンタに、CAに!?セクシー写真ばかり集めました