超絶技巧!神の手を持つニッポンのアーティストが集結「神の手●ニッポン展III」開催

写真拡大 (全21枚)

人間が作ったとは思えないようなものを生み出す「神の手」を持つアーティストが手がけた作品が集結する「神の手●ニッポン展」が、百段階段に帰ってきます。

東京都目黒区のホテル雅叙園東京で開催される「神の手●ニッポン展III」は、超絶技巧を持つアーティストの作品が一堂に会する巡回展。第3回目は過去2回と同様、東京都指定有形文化財「百段階段」を皮切りに巡回展がスタートします。過去2回の開催では、人間技とは思えない超絶技巧が駆使され、繊細で独創的な作品が大きな話題となり、累計17万人を動員しました。

神の手が作り出した作品が集まる展覧会の第3弾に登場するのは、海外でも評価の高い「シャドーボックス」「立体切文字」「現代切絵アート」などの紙を使ったアート、「組み木絵」「ペットボトルアート」など、素材に新しい命を吹き込むアーティストを中心に、過去開催回に参加したアーティストの人気作品も併せて展示されます。これまで以上のボリューム感で、文化財と現代アートが織りなす時間と空間を楽しめそうです。

では、「神の手●ニッポン展III」に登場する、まさに神技を駆使するアーティストたちをご紹介します。

立体切り文字アーティスト/笹尾 真

立体切り文字アーティスト 笹尾 真

文学作品が読んで楽しむだけでなく、見て味わえるアートへと変貌しました。広く知られる文学作品の中から名文を切り取り、本来二次元である文字の世界を立体化します。

芥川龍之介の「地獄変」の冒頭文章を題材とし、数百枚もの紙を重ねた立体文字が生み出す世界などが登場。タイトルが文庫本から滲み出してしまった作品もステキです。



現代切絵アーティスト/中村 敦臣

現代切絵アーティスト 中村 敦臣

海外でも活躍する現代切絵アートの異彩。和紙を0.5mmに満たない切り幅でカットした切絵に、アクリル絵の具や金属等の異素材を融合した独自の作品が展示されます。現代美術と切絵の繊細な技術が融合した唯一無二の作品は、まさに神の領域。



シャドーボックスアーティスト/大橋 禾苗

シャドーボックスアーティスト 大橋 禾苗

大橋氏は日本におけるシャドーボックスの第一人者。ヨーロッパ各国をはじめ、近年では日本でも芸術として高い評価を受けているシャドーボックス。7〜8枚の原画を使い絵を忠実に再現し立体化、平面の絵に命を吹き込んでいきます。

本展では、会場「百段階段」からインスピレーションを受けた「源氏物語」が初公開されるとのこと。平面なのに奥行きのある不思議な作品は、いつまでも飽かず眺めていられそう。



組み木絵アーティスト/中村 道雄

組み木絵アーティスト 中村 道雄

信じられない、これが木だけでできているなんて。40年前に提唱された唯一無二の組み木絵アートは、一切着色をしていない数十種類の木材を、厚さ5.5mmの板材に揃え、色味や木目の違いを活かしながら絵として組み込んでいきます。

捨てられる運命にあった端材を使用し、木材に新たな命を吹き込んでいく姿はまさに神技!半年以上の時間をかけて素材を探し抜いた葛飾北斎のカバー作品などは必見です。


ペットボトルアーティスト/本間 ますみ

ペットボトルアーティスト 本間 ますみ

展示後には再資源としても活用できる、実にエコロジカルな世界初のアート作品。ペットボトルを、生き物や自然の風景をモチーフにしたアート作品に変身させます。元がペットボトルとは信じがたい美しさの作品は、独自の技法により、無接着・無塗料にて制作することで資源としても再利用できます。

今回展示を予定している「朱鷺(とき)」には、1羽につき550枚の羽を重ね、3羽で計600本の1.5リットル大ペットボトルを使用しており、1m20cmの実物大の大きさに匹敵する圧巻の作品も登場します。



日本が世界に誇る、繊細さと緻密さがぎゅぎゅっと凝縮された超絶技巧が堪能できる展覧会。鑑賞中に何回嘆息することでしょうか。現代のアーティストが紡ぎ出す作品たちを、百段階段を彩る歴史ある芸術と併せて楽しめる展示は必見です。

神の手●ニッポン展II

会期:2017年12月1日(金)〜12月24日(日) ※会期中無休
開催時間:10:00〜18:00(最終入館17:30)
会場:ホテル雅叙園東京 東京都指定有形文化財「百段階段」
入場料:一般当日 1,500円 前売 1,200円、

神の手●ニッポン展III

神の手を持つ日本人作家の合同展「神の手●ニッポン展 III」