<トランプ政権による危険な「見切り発車」は、原油流出事故の大惨事につながりかねない>

10年春にメキシコ湾の石油掘削基地ディープウオーター・ホライズンで発生した大規模な原油流出事故。もしもあんな事故が再び起きたらと、想像するだけで恐ろしい。

シナリオは同じだ。大量の原油が来る日も来る日も海に流出し、行方不明者の生存は絶望的。大量の化学分散剤が使用され、海面下で続く流出を封じ込めようと必死の試みが続く――。

ただし場所は4月のメキシコ湾ではない。12月のアラスカ北方のボーフォート海だ。

昼間でも暗く、気温が氷点下17度を超えることはまれで、ハリケーン並みの風が吹くことも珍しくない。救援に駆け付ける技師と必要なリソースがそろった街からは遠く離れている。最も近い沿岸警備隊との距離は1600キロ。しかも海上の一部は氷に閉ざされている。

私は89年に米アラスカ州プリンス・ウィリアムズ湾で原油タンカーのエクソン・バルディーズ号が原油流出事故を起こした際、環境回復計画の実施を指揮した。ディープウオーター・ホライズンの事故の際も、バラク・オバマ大統領が設置した諮問委員会の委員を務めた。

そうした貴重な体験を基に、北極圏での「悪夢のシナリオ」をまざまざと思い描くことができる。しかも、そのシナリオはここ数カ月、人々の想像以上に現実味を帯びつつある。

ドナルド・トランプ大統領は4月、前オバマ政権が北極圏の米海域での石油採掘に課した規制を覆す大統領令に署名した。7月には伊石油大手ENIに、北極圏での初の試験掘削開始を許可。同社は12月からボーフォート海で試掘を開始する予定だ。

掘削深度はディープウオーター・ホライズンには及ばないが、大事故が起きる可能性は変わらずにある。実際、北極圏の厳しい環境は、流出した原油の除去を難しくするし、そもそも流出事故が起きやすい要因となる。

流出を止める方法はない

北極圏のような環境で原油流出事故に対応するための知識と専門技術と対応能力を、人類はまだ持ち合わせていない。その証拠に、エクソン・バルディーズ号の事故から四半世紀以上が過ぎた今も、氷から石油を除去する手だては分かっていない。

ボーフォート海に関するわれわれの知識は乏しく、原油流出と分散剤が北極圏の壊れやすい生態系に及ぼす影響もほとんど理解できていない。さらに言えば、いったん流出が始まったら最後、止めるのは至難の業だということも。いざというとき厚い氷を砕いて事故現場にたどり着くには、米政府が所有する砕氷船で唯一まともに使える1隻がよそで使用中でないことを祈るしかない。

[2017.9.26号掲載]

テリー・ガルシア(米エクスプロレーション・ベンチャーズCEO)