画像提供:マイナビニュース

写真拡大

大戸屋は10月24日、「たっぷり野菜とチキンの玉ねぎ鍋定食」(898円・税込)を発売した。販売は12月25日までの期間限定となる。

同商品は野菜と兵庫県・淡路島産の玉ねぎ、鶏肉を使った鍋と五穀ご飯のセット。長い日照時間や水はけのよい土壌などの好条件がそろった淡路島で育った玉ねぎは、甘くておいしいという。

出汁には玉ねぎのほか、にんじん、セロリ、玉ねぎ、キャベツ、水分が抜けて旨味や栄養分が凝縮されたドライトマトを使用しており、野菜の旨みが楽しめるとのこと。具の鶏肉は、しょうゆ麹に漬け込み炭火で焼いたもの(一部店舗では直火)。鶏肉の旨みとチェダーチーズのコクが、野菜の甘味を引き立てるという。

同店では、保温性が高く冷めにくい土鍋を使用して料理を提供する。土鍋を使用すると「旨み成分」と呼ばれるグルタミン酸が働く時間が金属製の鍋よりも長くなるため、素材の旨みをより引き出すことができるとしている。