今季浦和レッズはACL決勝に駒を進めている【写真:Getty Images】

写真拡大

1999年最終節でJ2降格 試合終了の瞬間「深い悲しみが伝わってきた」

「”サッカーの街”浦和でレッズが本当に宝物になった瞬間だった」――森山泰行(元名古屋グランパスエイトほか/現・浦和学院高校監督)

 今季のJ1リーグも終盤戦に突入した。優勝争いとともにJ1・J2の昇降格争いにも注目が集まるが、日本代表での国際経験も豊富で、東京・国立競技場での決勝という大舞台も何度か経験してきた三浦淳寛は、かつてこんなことを話していた。

「選手生活を通じて、(ヴィッセル)神戸時代の入れ替え戦(2006年)が一番緊張した」

 クラブの翌年の命運が懸かった試合は、選手にとってもサポーターにとっても、本当に痺れる体験になる。

 冒頭の言葉は、1999年11月27日、Jリーグ・セカンドステージ最終節を終えたばかりの埼玉・駒場スタジアムの異様な光景を見た元日本代表FW森山泰行の率直な感想である。このシーズン、浦和レッズは最終戦を延長Vゴールで勝利しながら、J2に降格した。森山は、この試合でサンフレッチェ広島のメンバーとして浦和と戦っていた。試合終了のホイッスルが鳴っても、誰一人席を立たず、音も発しない。

「こんな光景は初めてでした」

 森山は驚愕した。

「まるで高校選手権で負けたチームみたいに、深い悲しみが伝わってきた」

エースの福田が決めた史上最も悲しい決勝ゴール

 93年のJリーグ草創期から下位に低迷して来た浦和は、98年セカンドステージで原博実監督の下で3位に躍進した。翌99年は、いよいよ初優勝の声も出て期待が高まっていた。ところが序盤から守備の綻びが目立ち、前半戦を終えて原監督が解任される。後任にはアヤックスなどでの指導歴を持つア・デモス監督が就くが、降格ゾーンから脱出し切れないまま最終節を迎えた。

 最終戦は“聖地”駒場でのホームゲーム。浦和は、ここでの最終戦で負けたことがなかった。だがア・デモス監督は、この大切な試合でチーム得点王の福田正博をベンチに置いたままスタートする。結局90分間では広島に勝ち切れず、この時点でJ2への降格が決定。当時は延長Vゴール方式が採用されており、悲嘆にくれたまま浦和の選手たちは延長戦に臨み、途中交代でピッチに立った福田のゴールで決着をつけるのだった。日本サッカー史上、最も歓びのないゴールだったかもしれない。

 ファンは選手たちとともに涙を流した。そしてその分だけ、復活を遂げ8年後にアジア王座に就いた時は、歓喜を爆発させた。森山の言葉は、おそらくそんな一体感を表現していたに違いない。

 浦和が10年ぶりにAFCチャンピオンズリーグ決勝へ進出した今、奇しくも森山は埼玉スタジアム近隣の浦和学院を指揮している。一方で、あの時所属していた広島は、痺れる終盤戦を迎える立場に回っている。

(文中敬称略)