佐賀県が10月25日から『ポケットモンスター サン&ムーン』に登場する悪の組織ロケット団の団員を募集するぞ!年齢不問、未経験者歓迎!と発表し世間を賑わせたのは10月18日の出来事ですが、25日となった本日、プロジェクトスタートおよび詳細が発表されました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 このプロジェクトは情報発信による地方創生プロジェクト『サガプライズ!』の一環、さらにテレビアニメ『ポケットモンスター』シリーズが今秋で放送1000回を迎えることを記念して行われるもので、新プロジェクト『ニャース気球 佐賀襲来!〜気球の街でサガせ! ロケット団員1000万人!!〜』としてスタート。

 注目の「ロケット団員募集」については、25日からクイズに答えながら佐賀市内をまわると、ロケット団の団員証がもらえるスタンプラリー「ロケット団員入団試験」が実施されます。なお、団員数目標は1000万人。また、スタンプラリーポイントのひとつである、県庁旧館2階の県庁CLASSには、ロケット団との写真撮影が楽しめるフォトスポット等が設置されます。さらにイベント最終日である11月26日(日)には、団員の力を集結させ、1000人での人文字づくりに挑戦するそうです。

 また11月1日から5日間開催される、アジア最大級の熱気球大会『佐賀インターナショナルバルーンフェスタ』にロケット団の移動手段である「ニャース気球」が登場します。

 佐賀県知事もこのプロジェクトにはノリノリなようで、「私は、佐賀県知事の山口祥義改め「サガキ」です。私もロケット団の一員となり、ロケット団のボス・サカキ様のため、全力をあげて団員集めに協力し、ニャース気球を歓迎します!」と、ロケット団の一員である佐賀県のボス「サガキ」としてコメントしています。

 佐賀県といえばこのところ観光客誘致には特に力を入れており、2016年冬に放送された『ユーリ!!! on ICE』とのコラボでは作品舞台のモデルとなった唐津市を多くの観光客が訪れ大成功をおさめています。今回のプロジェクトでは目標の1000万人がどこまで達成できるのか。地域活性の施策としても注目を集めそうです。

(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku (C)Pokémon
画像提供・佐賀県