AFC・U23選手権の組み合わせが決定…森保ジャパンは北朝鮮らと同組に

写真拡大

 アジアサッカー連盟(AFC)は24日、AFC U−23選手権中国2018の組み合わせ抽選会を実施し、前回王者の日本は朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)、タイ、パレスチナと同組のグループBに決まった。

 今大会には東京五輪を目指すU−21日本代表が参加し、森保一監督体制で臨む。来年1月9日〜27日にかけて行われ、日本は10日にパレスチナ、13日にタイ、16日に北朝鮮と対戦する。

 グループリーグでは各予選を勝ち抜いた16チームが4グループに分かれてリーグ戦を行い、上位2チームが決勝トーナメント(準々決勝)に進出する。

▼日本の対戦予定
1月10日 vsパレスチナ代表
1月13日 vsタイ代表
1月16日 vs北朝鮮代表

▼本大会出場16カ国
中国(開催国)(J組首位)
オマーン(A組首位)
イラク(B組首位)
カタール(C組首位)
ウズベキスタン(D組首位)
パレスチナ(E組首位)
オーストラリア(F組首位)
北朝鮮(G組首位)
マレーシア(H組首位)
韓国(I組首位)
タイ(H組2位)
シリア(C組2位)
ベトナム(I組2位)
ヨルダン(E組2位)
日本(J組2位)
サウジアラビア(B組2位)