画像提供:マイナビニュース

写真拡大

「世界を、ここから動かそう。」――10月25日、自動車産業の枠を超え、さまざまなアイディアやテクノロジーを取り入れ、「これまでのモビリティの価値を拡張していく」というビジョンの下、未来につながる「第45回東京モーターショー2017」が開幕した。

世界10カ国から150社・団体が出展し、乗用車ブランド数は国内海外を含め24ブランドが一堂に会する。初日のプレスデーでは、会場の至る所にベールをまとった車が展示されており、これから世界に披露されるのを待ちわびているようだった。会場には乗用車のほか、商用車、二輪車、車体、カロッツェリア、部品・機械器具、そして、未来のモビリティ社会をテーマに世界最先端のナレッジを集結させた「TOKYO CONNECTED LAB 2017」の展示を行っている。

また、これまで東京モーターショー会場内で実施していた参加・体験型の試乗会を、近隣の臨海副都心エリア(センタープロムナード・お台場特設会場・MEGA WEBライドワンコース)において大幅に拡充して実施。様々なモビリティや乗用車・商用車・二輪車の試乗体験など、これまで以上に多くの試乗プログラムを用意している。なお、一般公開期間は、東京ビッグサイト会場と各試乗会場間(約1.5km)を巡るシャトルバス及び次世代タクシーを無料にて運行する。

2011年開催の第42回から引き続き、会場は東京ビッグサイト(東京都江東区有明)。10月25・26日のプレスデー、10月27日のプレビューデーを経て、一般公開日は10月28日〜11月5日となる。「当日入場券」は一般1,800円、高校生600円、中学生以下は無料。10月28日、10月30日〜11月4日には、16時以降入場可能な「アフター4入場券」(一般900円、高校生300円)も設けている。

26日のプレスデー2日目のコンパニオン特集はこちら。