元Galileo Galilei尾崎雄貴、ソロプロジェクトwarbear始動 1stアルバム発売&全国ツアー開催

写真拡大

 昨年10月11日の武道館公演を持って活動を終了したGalileo Galileiのフロントマン、尾崎雄貴が、ソロプロジェクト・warbear(読み:ウォーベアー)として新たな活動を開始。12月6日に1stアルバム『warbear』をリリースする。

関連:Galileo Galileiの“ラストライブ”は、ひとつの区切りだが終着点ではない 武道館公演で感じたこと

 同アルバムは、札幌にある尾崎のスタジオ “わんわんスタジオ”を拠点に、自身の手でほぼ全ての楽曲のレコーディングが行われた。ミックスエンジニアには、Dinosour Jr.からGroupeloveやFleet Foxes、Band Of Horsesなどのミックスを手掛けたPhil Ek、エンジニアには、The War on DrugsやJoan Osborneのミックスをはじめ、フィラデルフィアのインディーシーンを支えるBrian McTear、そしてマスタリングにはGreg Calbiが参加している。さらにアートワークにはThe 1975、Zeddなどの作品も手掛けるイギリスのデザイナーSamuel Burgess-Johnsonを起用している。

 また、弟で元Galileo Galileiのドラマーでもある尾崎和樹や、デトロイト出身でフィラデルフィアにて活動をしているサックスプレイヤーDan Wallace、尾崎が音楽の師と仰ぐCo-Producerの中山賢一らも参加。彼らの協力により、同アルバム収録曲ではギター、シンセサイザー、メロトロン、バンジョー、マンドリン、フルートなどの楽器が使用されている。

 さらに、全国ツアー『warbear tour 2018 “鳥と熊と野兎と魚“』の開催も発表された。来年1月18日の札幌cube gardenを皮切りに、1月27日の東京 SHIBUYA CLUB QUATTROまで全5日程が行われる。なお、チケットのオフィシャルHP先行受付は本日10月25日より開始している。(リアルサウンド編集部)