@AUTOCAR

写真拡大 (全2枚)

2020年の生産化も

ホンダ・スポーツEVコンセプトが、東京モーターショーでアンヴェールされた。

このコンパクトスポーツカーは、ホンダのEV専用プラットフォームをプレビューする2作目である。


1作目のアーバンEVコンセプトの方は、2019年に生産化される見込みで、それに始まるEVファミリーを展開することによりスケールメリットを得るのがホンダの狙いだ。

現段階では他メーカーは、スポーツEVのようなスポーツモデルをラインナップしていない。もしも、2019年にアーバンEVが生産化されるのなら、それに続くスポーツEVは、ライバルに先んじて2020年にプロダクションが始まるだろう。