カーディ・B、新曲でビヨンセとコラボか 週末にホテルから追い出される騒ぎも

写真拡大

 「ボーダック・イエロー(マネー・ムーブス)」が、単独女性ラッパーとして19年ぶりの全米No.1になった人気急上昇中の女性ラッパー、カーディ・B。10月に25歳になったばかりの彼女は、当初誕生月にアルバムをリリースすると宣言していたが、出来に納得がいかないためにずれ込んでいるようだ。

 だがニュー・アルバムには待たされた甲斐がある極上のコラボ曲が収録されているかもしれない。「ボーダック・イエロー」を担当したエンジニアのマイケル・アシュビーが、“Cardi B & Beyonce Demo”と書かれた作業中のミックスの写真に、「すげえ、このフィーチャーはデカイぞ」とテキストを書き込んでインスタグラム・ストーリーでシェアした。

 カーディ・Bはビヨンセと今年9月にジェイ・Zが主催する【メイド・イン・アメリカ・フェスティバル】で初めて会い、「話せなかったし、息もできなかった」と感想を述べていた。現在米ビルボードはそれぞれのアーティストの広報に確認中だが、もしコラボが本当だとすれば、カーディ・Bにとってまた一つ大きな勲章が増えたことになる。

 一方、先週末カーディ・Bは米ニューヨーク州オールバニのホテルから追い出されるという騒ぎを起こしている。自身のSNSで公開した動画で彼女は、「私が宿泊していた階でマリファナの匂いがしてた。だから夜中に私の部屋とマネージャーの部屋に警察が来て、私たちがマリファナを吸っているから出て行かなければならないって言われた」と説明している。

 カーディ・Bは、“すごく被害妄想的になるから”という理由でマリファナは吸わず、スタッフにも吸う者はいないとファンに断言している。彼女は、「他のことで追い出されるならまだしも、マリファナ?それはないよ、だって誰も吸わないんだもの。なんなら全員薬物検査を受けたっていい。誰も吸わない。誰も吸わないよ、自分が睡眠中、そして体調がすごく悪い時なんて特に」と憤っている。


◎Geniusによる投稿
https://twitter.com/Genius/status/922591015541846016