【米ビルボード・ソング・チャート】ポスト・マローン&21サヴェージ首位キープ、ロック・バンド2組がTOP5入り

写真拡大

 ポスト・マローンの「ロックスターfeat.21サヴェージ」が2週目の首位獲得を果たした、今週の米ビルボード・ソング・チャート。

 初登場から3週間2位をキープした後、先週のチャートで遂に1位に到達したポスト・マローンの「ロックスター」。今週もストリーミング・チャートで1位をキープし、R&B、ラップ・チャートでも首位を獲得。イギリスやカナダなど、主要国でもトップに立っている。

 以下、カーディ・Bの「ボダック・イエロー」が2位、ロジックの「1-800-273-8255 feat.アレッシア・カーラ&カリード」が3位にそれぞれ停滞し、上位3曲はヒップホップ系のアーティストが独占した。一方、先週の5位から4位へワンランクアップしたポルトガル・ザ・マンの「フィール・イット・スティル」と、8位から5位に上昇したイマジン・ドラゴンズの「サンダー」が、それぞれTOP5入りを果たしている。ストリーミング・チャートではTOP10以下の両曲だが、セールスが強く、デジタル・チャートでは上位にランクインしている。ロック・バンドのシングルが上位に2曲もランクインするというのは、ここ最近のソング・チャートでは異例のこと。

 テイラー・スウィフトの「ルック・ホワット・ユー・メイド・ミー・ドゥ〜私にこんなマネ、させるなんて」は、先週の4位から10位に大幅ダウン。初登場から3週間、首位をキープしたこの曲も、次週はTOP10圏外にダウンする可能性が高い。しかし、この曲が収録されるテイラーの6thアルバム『レピュテーション』が、来月11月10日にリリースされるため、アルバムのプロモーション効果により再浮上するだろう。そして、本作からのリード曲として先行配信されていた「…レディ・フォー・イット?」が、10月24日に正式な2ndシングルとしてリリースされた。何かと話題になるテイラーのミュージック・ビデオだが、この曲のビデオも公開されれば、ストリーミング・ポイントの上昇により、2曲連続のNo.1獲得が狙えるかもしれない。「…レディ・フォー・イット?」は9月3日から配信がスタートし、全米で4位、全英では7位など、既に各国で上位にランクインしている。

 今週のアルバム・チャートでNo.1デビューを果たした、ピンクの7thアルバム『ビューティフル・トラウマ』からの先行シングル「ホワット・アバウト・アス」は、最高位となる13位まで上昇。また、2位に初登場したグッチ・メインの新作『Mr. Davis』に収録されたタイトルも多数ランクインし、8月にリリースした3rdシングル「アイ・ゲット・ザ・バッグfeat.ミーゴズ」は11位まで上昇した。今週8位にダウンした、サム・スミスの新曲「トゥー・グッド・アット・グッバイズ〜さよならに慣れすぎて」も、11月3日にリリースされるニュー・アルバム『スリル・オブ・イット・オール』の発売日が近づけば、またランクアップするだろう。一方、7位まで上昇したデミ・ロヴァートの「ソーリー・ノット・ソーリー」のように、アルバムの発売後も引き続きシングルがヒットするケースもある。


Text: 本家 一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、10月25日22時以降予定となります。

◎【Hot100】トップ10
1位「ロックスターfeat.21サヴェージ」ポスト・マローン
2位「ボダック・イエロー (Money Moves)」カーディ・B
3位「1-800-273-8255」ロジックfeat.アレッシア・カーラ&カリード
4位「フィール・イット・スティル」ポルトガル・ザ・マン
5位「サンダー」イマジン・ドラゴンズ
6位「ミ・ヘンテfeat.ビヨンセ」J.バルヴィン&ウィリー・ウィリアム
7位「ソーリー・ノット・ソーリー」デミ・ロヴァート
8位「トゥー・グッド・アット・グッバイズ〜さよならに慣れすぎて」サム・スミス
9位「アンフォゲッタブル」フレンチ・モンタナfeat.スワエ・リー
10位「ルック・ホワット・ユー・メイド・ミー・ドゥ〜私にこんなマネ、させるなんて」テイラー・スウィフト