平野ノラがバブル時代を思わせる“バブルダンス”に挑戦!/(C)テレビ朝日

写真拡大

10月29日(日)夜6時57分より放送の「世界がザワついた(秘)映像 ビートたけしの知らないニュース第14弾」で、平野ノラが高校生とバブルダンスに挑戦する。

【写真を見る】過密スケジュールの中、激しく複雑なダンスに平野は大苦戦!/(C)テレビ朝日

同番組は、ビートたけしすら知らないであろう世界のニュースを、人気芸人たちがプレゼンしていくバラエティー。

今回平野がコラボしたのは、高校のダンス部日本一を決める“第10回日本高校ダンス部選手権(ダンススタジアム)”の全国大会で、2015、2016年と2連覇を成し遂げた大阪府立登美丘高校ダンス部。

2017年の選手権では、バブル時代を思わせる“バブルダンス”を引っ下げて出場し、準優勝に輝いた。

さらに、そのバブルダンスの動画をYouTubeで公開したところ、「ダンシング・ヒーロー」など1980年代のヒット曲に乗せて繰り広げられるダンスは大反響を呼び、なんと1カ月で900万再生を記録。

動画では、随所に「しもしも?」「おったまげー!」など平野の声が織り込まれており、その縁もあって同部の3年生の引退公演に平野が参加することとなった。

生徒たちには内緒で同校を訪問した平野が、「やっぴ〜!」と登場すると、部員たちはたちまち大騒ぎに。

しかし、3年生の引退公演は5日後に迫っており、スケジュールの都合上、平野は本番前日まで大阪を訪ねることができないという厳しい状況…。

その日はみっちり3時間練習したものの、あまりに難しい振り付けに平野は思わず「夢であってほしい…」とつぶやく。

東京に戻ってからも平野は合間を見つけてはスマートフォンでダンス動画を確認し、時間を惜しんで単独練習に励む。

そして本番前日、再びダンス部と合流すると、コーチの振付師・akaneさんによって平野の持ちネタである“バブリー50音”のセリフが存分に盛り込まれた“スペシャルバージョン”に改訂されており、セリフのタイミングを覚えなければならないというさらなるハードルが課されてしまう。

そんな平野の奮闘VTRを見たスタジオの出演者たちは、「すごい!」「泣きそうになった」と大感動し、たけしも「いやぁ、人間、一生懸命にやっているときの顔はすごいな! あのダンス、よく覚えたなぁ」と手放しで褒めたたえ、目にはうっすら涙を浮かべる一幕も。

たけしを“恩人”と慕う平野は、ここぞとばかりに「たけしさん今夜、抱いてよ!!」と叫ぶがたけしも思わず苦笑い。 

収録を終えた平野は「ステージでは感動に浸る余裕がなかったので、スタジオでVTRを見て、涙をこらえるのに必死でした。部活を頑張ってきた3年生の引退の舞台なのできちんと踊り切らなければと思っていましたし、芸能界に入ってから、一番追い込まれた仕事でした。自分の限界への挑戦でした!」と過酷な挑戦を振り返る。

また、たけしが感動の涙を浮かべたことに「“大尊敬”しているたけしさんから涙をいただけたなんて…、ありがたい! うれしい!」と心境を明かした。

■ 平野ノラ コメント全文

ステージでは必死すぎて感動に浸る余裕がなかったので、スタジオでVTRを見て涙をこらえるのに必死でした。自分じゃないみたいに輝いていましたね、自分で言うのもなんですが…(笑)。

芸能界に入ってから一番追い込まれた仕事でした。ずっと部活を頑張ってきた3年生の引退の舞台なのできちんと踊り切らなければと思っていましたし、誰もが立ちたかった“センター”を私が務めることになったので、絶対に“いい思い出”にして終わらなければ、という思いでした。

私も高校時代はバレー部だったので、彼女たちの気持ちが自分と重なって、絶対に手を抜けないなと感じていました。VTRでは“練習は3日間”と紹介されていましたが、実質、12時間しかなかったんですよ!

プレッシャーがすごくて、まさに“自分の限界への挑戦”でした。とにかく不安を解消するには練習しかないと思い、時間があれば必死に練習しましたね。そのせいで、ステージの翌日は体が動かなくて、まるでイグアナのようでした(笑)。

私自身も高校生たちもバブル時代を知らないのですが、バブルというものに向かって、皆が明るく頑張りました! ステージが終わった後、私は部員の皆さんや観客の皆さんに向かって、“皆が立っている、その場所こそが、それぞれの“お立ち台“なんだよっ!”という名言を残したのですが、ばっさりカットされていました(笑)。

この挑戦を通して、視聴者の皆さんにも“それぞれのお立ち台を見つけて、その上で舞おうよ!“というメッセージをお届けしたいです。

たけしさんもタップダンスをされるので、このVTRに興味を持っていただけたらいいなと思っていましたが、“大尊敬”しているたけしさんから涙をいただけたなんて…、すごくありがたいです! うれしいです!! ホントに今夜ぐらい抱いてくれないかなぁ(笑)