@AUTOCAR

写真拡大 (全2枚)

S208 450台限定

スバルは、スバルテクニカインターナショナルと共同開発した「S208」を本日発表した。

WRX STIをベースとする「S208」はスバルとSTIが共同してエンジンや足回りを専用開発。内外装にも専用装備を追加した、スバルハイパフォーマンスカーのトップエンドモデルだ。

2015年に発売したS207に対して、エンジン出力/加速性能の向上やカーボンルーフの採用による低重心化などの改良を施し、スバルらしい走りの愉しさを極限まで高めた。


エンジンは専用チューニングを施すことで、最高出力329psを達成している。

「S208」は、450台限定となり、購入には受付期間中に販売店での商談エントリーが必要。限定台数を上回る申込みがあった場合は、抽選のうえ商談の機会を設定する。

なお、AUTOCAR JAPAN上でこの記事をご覧になっている方は、記事下の「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアでこの記事をご覧の方は、記事下に設けられたリンク「『S208』すべての画像を見る」から、ほかの画像をお楽しみいただける。