24日、新浪体育は、先日行われたフィギュアスケート・ロシア杯のエキシビションで、イタリアの選手が日本の羽生結弦を「リフト」して記念撮影に写らせてあげる一幕があったことを動画付きで紹介した。写真は羽生結弦。

写真拡大

2017年10月24日、新浪体育は、先日行われたフィギュアスケート・ロシア杯のエキシビションでの、羽生結弦をめぐる一幕を動画付きで紹介した。

新浪体育が中国版ツイッター・微博(ウェイボー)のアカウント上で紹介した動画は、演技終了後の記念撮影の様子を収めたもの。羽生はリンク上に放たれた金色のテープがスケート靴の刃に絡まってもたついてしまい、写真撮影の輪に加わるのが遅れた。慌てて輪に加わるも、身長の高い欧米選手が前に並んでいたためカメラが見えず、後ろでジャンプしたり手を挙げたりしている。

するとそこに、イタリアのペア選手であるオンドレイ・ホタレックが近寄り、羽生の両足を抱えて得意のリフト。軽々と持ち上げられた羽生は誰よりも高いポジションでカメラに収まった。そして、振り返った羽生がホタレックに感謝を示して肩に手を回すと、ホタレックはそのまま再び羽生をリフト。羽生の体が浮き上がるたびに、場内からは割れんばかりの歓声が響いた。

この心温まる一幕に中国のネットユーザーは「スポーツに国境はないね」「イタリア人男性は女性だけでなく、男性のハートをも撃ち抜くようだ」「羽生は女性のようなスタイルだからね〜」「謙虚で礼儀正しい羽生は、みんなから好かれ続けてるよね」といったコメントを寄せた。また、「持ち上げられる羽生、かわいすぎる」「これが羽生結弦だ」「萌(も)えるわ〜」など、このシーンで羽生の魅力を再確認するユーザーも多く見られた。中には、「どうせならお姫様抱っこもして欲しかった」と想像力を働かせたユーザーもいた。

欧米選手の「壁」に阻まれてしまった羽生だが、「男子シングルの選手の中では決して背が低くくない」とフォローするユーザーも。ペアやアイスダンスには背が高い選手が多いという。(翻訳・編集/川尻)