GZE-1

写真拡大

 カシオ計算機は、タフカメラの新ブランド「G'z EYE(ジーズアイ)」の第一弾として、過酷な環境下でも安心して使える耐衝撃性能・防水性能・防塵性能を備えた「GZE-1」を10月27日に発売する。価格はオープンで、税込の実勢価格は5万円前後の見込み。

 ダンスやBMX、スケートボード、スノーボード、サーフィンなど、さまざまなエクストリームスポーツでの使用に耐える4mの落下耐衝撃性能、50mの防水性能、IPX6準拠の防じん性能、マイナス10度の耐低温性能を備え、臨場感あふれる写真や動画が撮影できる。武骨なフォルムながら、押しやすい大型ボタン、アクセントカラーを兼ねた白や赤での機能表記など、タフな世界観を表現しながら、操作性にも配慮した。

 単焦点の超広角レンズ(FHD動画撮影時170.4°、静止画撮影時190.8°)を採用し、広々とした背景で臨場感のある写真や印象的な動画を撮影可能。動画撮影中にボタンを押すことで、その瞬間を120fpsまたは240fpsのスローモーションに切り替えられる動画撮影機能「ドラマチックスロー」を搭載。1本の動画撮影中のスローモーション切り替えは何度でも可能で、本体のボタンだけでなく、新たに開発した専用スマートフォンアプリ「G'z EYE」、別売のリモートコントローラー「GEC-1」または液晶コントローラー「GEC-10」でもスローモーションに切り替えられる。

 撮影から再生、SNSへのアップ、各種設定まで、すべての操作を専用アプリ「G'z EYE」に集約。スマホに加え、アウトドア向けスマートウォッチ「PRO TREK Smart WSD-F20/WSD-10」と連携し、カメラをリモートでコントロールできる。また、別売アクセサリとして、胸回りに本体を固定可能なチェストハーネス「GEA-1」、安定した置き撮りができるスタンド付カラビナ「GEA-2」、ブレを軽減した撮影を可能にするジンバル「GEA-3」を用意する。

 対応メディアはmicroSDXC/microSDHC/microSDカードで、約14.8MBの内蔵メモリを備える。サイズは幅74.1×高さ75.0×奥行き46.4mmで、重さは約172g。