秋から冬にかけて旬の魚が値上がりしている。サンマやサケが高く、スジコやイクラも高騰。ブリやイワシは安い。

サンマは、都内のスーパーで昨年(2016年)より20から30%發ぁサケは「一番高い。去年より40%は上がっています」(都内スーパーの鮮魚部主任)という。

そうなれば当然、スジコやイクラが「去年も高かったけれど、その30〜40%は上がっている」となる。きのう24日(2017年10月)には、北海道岩内町の飼育施設でサケの腹がさかれて、スジコ87キロが盗まれた。高騰ゆえの犯行だろう。襟裳の漁師は「漁は始まったばかりだが、去年より少ない」と実感を話す。

戻りガツオも仕入れ値1.5倍

戻りガツオも小売店の仕入れ値は1.5倍に。宮城県気仙沼市の仲卸業者は「今年は小ぶりで、半分近いサイズでも3倍の値がついた」という。

一方で、ブリは下がり気味。イワシはとくに安く、都内で去年は4匹400円だったのが200円といった具合だ。

宮崎哲弥(評論家)「イワシは近年不漁といわれていたが、よくとれるようになった。ちょっとうれしい」

司会の加藤浩次「水温が上がっていて、魚がとれる時期も変わっている。ちょっとわがままをいうと、高いほうを食べたくなっちゃうな」