全22クラブの2回戦総当たり(全44節)で行なわれる長丁場のJ2は第38節まで終了し、残すところわずか4節。混戦が続くJ1昇格レースも、まもなく決着のときを迎える。

 そんななか、あとがない瀬戸際に立たされているのが、昇格有力候補の一角、松本山雅FCである。

 松本は昨季、J2で際立つ強さを見せた。結果的に3位に終わり、J1昇格プレーオフでも敗れてJ1昇格こそ逃したものの、積み上げた勝ち点84は例年ならJ1自動昇格はもちろん、優勝していても不思議はない数字だった。

 一昨季までの「堅守速攻+セットプレー」という現実的な戦いに加え、自らボールを保持して攻撃を組み立てるポゼッションも(完全ではないながらも)備えた松本は、「負けてなお強し」の印象を残した。

 当然、今季の松本をJ1昇格候補に推す声は多かった。

 ところが、昨季あれほど強かった松本が、今季は勝ったり負けたりの繰り返し。第11節からの8試合では、1勝4敗3分けとなかなか勝てない状況が続き、第18節終了時点では15位まで沈んだ。

 その後、第28節からの6試合を、4連勝を含む5勝1分けと大きく勝ち越し、自動昇格をも射程圏内に捉える4位まで順位を上げたものの、勢いは持続せず、現在は今季3度目の2連敗中という苦しい状況にある。

 途中、何度となく、いよいよエンジンがかかるかに思われた試合もあったが、そのつど失速。一向に波に乗れないまま、ここまで来てしまっている。第38節終了現在、18勝13敗7分けの勝ち点61は、プレーオフ進出圏内からもこぼれる7位である。

 シーズンを通じて波に乗れない様子は、試合内容にも表れている。2連敗となった第38節の大分トリニータ戦(0-2)でも、どこかちぐはぐな戦いぶりが目立った。

「そうしたつもりはなかったが、(選手が)少しおびえてしまったのかな」

 松本の反町康治監督がそう振り返ったように、試合序盤、ポゼッションを得意とする大分に対し、松本は引いて構え、楽にパスをつながせてしまった。結果論とはいえ、大分に気持ちよくプレーさせてしまったその時間帯が、試合全体の流れを作ったと言ってもいい。

 前半なかばを過ぎると、松本は高い位置からの積極的なプレスも見せ、大分以上に相手ゴールへ迫る回数が増えた。だが、CKから「スキを突かれた1失点目」(反町監督)を許すと、もう流れを引き寄せることは難しかった。

 松本が許した追加点は1点だけだったが、試合終盤は3、4点目を失ってもおかしくない展開が続いた。反町監督が語る。

「後半は相手のリードをひっくり返すため、(攻撃にかける)人数を用意し、(交代で)攻撃的な選手を入れたが、それによって大分の前線のスピードある選手を生かす(カウンターを受ける)結果になった」

 決して松本に見せ場がなかったわけではない。だが、一度相手に明け渡した主導権を取り戻すのは、簡単ではなかった。よく言えば怒涛の反撃も、どこか大味で迫力に欠けた。ひと言で言えば、「山雅らしさが見られなかった」ということになるのだろう。

 昨季の松本が、ポゼッションという武器も手にしたことは先述したとおりだが、さりとてピッチに立つ選手の特徴を考えても、華麗なパスワークでスタンドを魅了できるわけではない。

 やはり松本の魅力は、泥臭さであり、ひたむきさである。よく走り、よく戦い、ハードワークで相手を上回る。それこそが「山雅らしさ」であり、それを貫くことで松本はここまで強くなった。2014年にJ2で2位となり、クラブ史上初のJ1昇格を勝ち取ったことは、まさにその象徴的な成果だろう。

 だからこそ、大分戦後には、ホームのサポーターから「戦え、松本!」コールが起きた。つまりは、「もっと山雅らしさを見せろ!」という叱咤である。


厳しい戦いが続く松本山雅。最後にファンの声援に応えることができるか...

 もちろん、サッカーという競技において、走るとか、戦うとかいう要素が不可欠であることは間違いない。

 だがしかし、それだけですべてを補うのが難しいのもまた事実である。

 松本はJ2昇格以来、6シーズン指揮を執り続ける反町監督のもと、徹底して「山雅らしさ」を追求してきた。それによって大きな――望外の、と言ってもいい――成果も手にしてきた。しかし、そこだけに頼った戦いも、そろそろ過渡期を迎えている。そう認めざるをえないのではないだろうか。

 わかりやすいのが、平均年齢だ。

 この試合、先発11名の平均年齢は、松本の30.27歳に対し、大分は27.27歳。11名のうち8名が30代という構成は、ハードワークを武器にするには、あまりに歳を取り過ぎている。大分がFWのスピードを徹底して活用してきたことは、当然の松本対策だったと言える。

 サッカー専門誌『サッカーダイジェスト』の6月8日号によれば、J1、J2全クラブを対象に若手稼働率(全選手の公式戦出場時間のうち、1993年以降生まれの選手の出場時間が占める割合)を算出してみると、松本のそれはわずか3%で全40クラブ中最下位だという。松本同様、運動量豊富なサッカーを武器とし、J2の首位を独走する湘南ベルマーレの30%と比較すると、その差は歴然だ。

 振り返れば、昨季終了後のシーズンオフ、松本は20代前半以下の若い選手の流出が目立った。もちろん期限付き移籍満了など、必ずしもそのすべてがクラブの意に沿ったものではなかったとしても、現在抱える懸念材料を考えれば、的確な強化が行なわれたとは言い難い。

 どんなに経験と実績があるベテランでも、ひとつ歳を取れば、不安要素も少なからず増す。勝ち点だけを見ると、昨季から今季にかけて急激にチーム力が低下したようにも見えるが、反町監督によれば、「昨季も結局、最後はダメ(シーズン終盤に失速)だった。昨季も今季も(抱える問題は)同じ」だという。

 フロントに苦戦の責任があると言いたいわけではない。だが、ピッチ上ではサクセスストーリーをかなえた新興クラブも、長期的に強くあろうと思えば、練習環境や育成組織なども含め、あらゆる意味での”クラブ力”が求められるということだ。

 指揮官は現状を理解するからこそ、「戦っていない選手はひとりもいない」と言い、彼らしい歯に衣着せぬ物言いで苦しい胸の内を明かす。

「シーズン最初から努力しながら、相手を分析しながら、苦し紛れに勝ち点を取ってきた。(勝っていたときも)我々が実力をつけてきたかというと、そうでもない。相手の守備ブロックをどう崩すか。そういうところの力量が足りないのは、なかなか変えられるものではない」

 残り4試合の現時点で、J1自動昇格となる2位との勝ち点差は7。これをひっくり返すことは容易でなく、松本の現実的な目標は、勝ち点では差のないプレーオフ出場圏内ということになるだろう。反町監督は、開き直ったように言う。

「火事場の馬鹿力を出せるか、というところまで来ている。持っている力を最大限に出せるようにやるしかない」

 もはや、すべてを「山雅らしさ」に託すことには無理があると知りつつも、今の松本にできるのは、それを取り戻すことしかないのかもしれない。

■Jリーグ 記事一覧>>