PiXMiXがついに本格始動を開始

写真拡大

アイドルユニット・PiXMiXが東京・渋谷のMt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREで「始動祭 〜さあ!ここから始めるんだ!」を開催した。

【写真を見る】最年少美少女メンバー・AIRIも堂々としたパフォーマンスを披露

同グループは、東宝芸能に所属する6人のメンバーからなる、平均年齢14歳のフレッシュなグループで、7月29日の「始動前前前夜祭」を皮切りに本格始動を目指していた。

7月の初お披露目から3カ月、そしてグループ初のワンマライブにも関わらず会場には多くのファンが終結。開演前から本格始動への期待が膨らむ。

PiXMiXは登場すると元気いっぱいに「Pump It Up!」「学園スローモーション」から「始動祭」をスタートさせ、姉妹グループ・OnePixcelのカバー曲「TONDEKE」「Cinderella Girl」も披露。

新曲「僕のそばに」も披露された会場の盛り上がりに、MISAKIは「こんなにたくさんの方々に集まっていだき、本当に驚いています!」と喜びを見せた。

また、本格始動を機にメンバー個人のTwitterアカウントを開設することを報告。ライブ中にそれぞれが初ツイートする予定だったが、ITSUKIは「Twitters使い方が分かる人、教えてください」とファンに助けを求め、TOWAKOも「後でやる〜」と早々にギブアップしてしまう。一方でKARENとAIRIは無事にツイートを完了し、ファンも歓声を上げた。

ライブ中盤では、ダンスを得意とするKOHIMEが憧れの歌手でもあるsuperflyの「99」をソロでカバーし、さらにKOHIME以外のメンバーは合唱「大切なもの」をアカペラで披露し会場を魅了。終盤はAKB48の「365日の紙飛行機」、初のオリジナル曲「約束」、ラストは新曲の「未来へ」で駆け抜けると共に、「本当に良い経験になりました。今後はもっともっと多くの人にPiXMiXを知っていただき、もっともっと大きな会場でライブができるように頑張ります!」と力強く宣言し、初ワンマンを締めくくった。