@AUTOCAR

写真拡大 (全3枚)

ダイハツの「コンパーノ」が、コンセプトとして復活した。


60年代に登場したコンパーノのスタイリッシュなデザイン思想を継承。伸びやかで美しいシューティングラインに気持ち高ぶる読者も多いだろう。

前席を優先した、大人ふたりがゆったり過ごせる室内パッケージと、スポーティで上質感あるインテリアを実現。


パワートレインは1000ccターボを選んだ。1200ccのハイブリッドも搭載できるようだが、詳細はまだ明らかになっていない。

なお、AUTOCAR JAPAN上でこの記事をご覧になっている方は、記事下の「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアでこの記事をご覧の方は、記事下に設けられたリンク「『DNコンパーノ』すべての画像を見る」から、ほかの画像をお楽しみいただける。