画像提供:マイナビニュース

写真拡大

学研プラスはこのほど、『今よりもうちょっと幸せになる食べ方のルール』(1,300円・税別)を発売した。

多忙な現代人は、不規則な食生活により摂(と)るべき栄養を摂取できていないため、体の不具合を抱えている人が多いという。食生活を整えれば、体調の乱れに悩まされることも少なくなるが、仕事が忙しくてオフィスのデスクで摂らざるを得ない人や、近所にコンビニくらいしかない人、好き嫌いが克服できない人などのさまざまな課題が多いとのこと。

同書の著者は、食とマナーの総合教室「食輝塾」を17年もの間主宰している小倉朋子氏。小倉氏は3万人以上の生徒に食との向き合い方を伝える中で、食生活を豊かにする7つのルールを発見。このルールを守れば、好き嫌いがあっても、一人食や時間がなくても、よりおいしく充実した食べ方になるとのこと。

同書では最初の章で、人生を豊かにする7つのルールについて一つひとつていねいに解説している。どれもすぐに実践できるものばかりであるため、思い立ったらすぐに食生活の改善に取り組むことができるという。

また、多くの人へのアンケートで拾い集めた「食のお悩み」をもとに、朝・昼・晩ごはんごとに小倉氏がアドバイスを行っている。誰もが思い当たる悩みであるため、食生活を見直せるリアルなノウハウを見つけられるとのこと。