北朝鮮の内閣機関紙・民主朝鮮は24日、従軍慰安婦問題をめぐり日本を非難する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、「米国のニューヨーク州マンハッタンで日本軍性奴隷少女像の除幕式が行われた」とし、「これは日本の反動層が自分らの過去犯罪を隠ぺいしようといくらあがいても、罪悪の歴史を消すことができないばかりか、国際社会が絶対に許さないということを物語っている」と強調した。

また、「日本当局が自分らの同盟国という米国に日本軍性奴隷犯罪を象徴する少女像が一つ二つ建てられ始まると、強く不満を表しながらそれを撤廃させてみようとさまざまな醜態を演じた」と糾弾した。

さらに、「日本が日本軍性奴隷少女像の建立に関連して、それほど鋭く反応しながら撤去させてみようと必死になっているのは、自分らの特大型の反人倫犯罪が国際的に重大視されることを恐れるからである」と述べた。

その上で、「日本の性奴隷犯罪は人類に対する冒とく、全面否定であり、正義と良心に対する挑戦である。日本の反動層がいくらじたばたしても、過去、日帝が働いた特大型の反人倫犯罪は絶対に消すことができず、歴史の峻厳な裁きを免れられない」と主張した。