役者応援サービス「mirroRliar」と映像作家・島田大介がコラボ ショートムービーの出演者を募集

写真拡大

 役者応援サービス「mirroRliar(ミラーライアー)」と映像作家・島田大介のコラボレーション企画がスタートした。

参考:役者志望者のための新サービス「mirroRliar」リリース 協力者・山田孝之「もっと仲間が欲しい!」

 「mirroRliar」は、役者になるという想いをもった全ての人々に対し、“学び”と“チャンス”を提供するサービス。俳優の阿部進之介と山田孝之が協力者として参画している。

 RADWIMPS、木村カエラ、CHARAなどのミュージックビデオを手がけ、小松菜奈主演の短編映画『ただいま。』で映画監督デビューを果たした島田と「mirroRliar」のコラボは、島田がサービス開始当初より「mirroRliar」のコンセプトに賛同していたことがきっかけ。

 今回のコラボ企画では、「mirroRliar」でエントリーした役者志望者の中から、島田自ら行うオーディションによって選ばれた役者を主演に迎え、ショートムービーを作成する連載企画が展開される。ショートムービーは1分から3分ほどの短編となる予定で、構成・撮影は島田が担当。応募者の中から約2名が選出される予定で、後々、自身のイントロダクション用作品としても活用できるような内容になるという。

 第1弾は『下北沢女子(仮)』という作品で、18歳から25歳くらいの女性を対象に、出演者が選出される。今後は、場所、年齢、性別などを変え、連載企画として継続。完成した作品は、「mirroRliar」でも順次紹介されていく予定だ。(リアルサウンド編集部)