DISH//全メンバーが「関内デビル」レギュラーに決定

写真拡大

DISH//・小林龍二が出演中の音楽情報バラエティー「関内デビル」(毎週月曜〜金曜夜11:30-0:00、tvk)に、北村匠海、矢部昌暉、泉大智、橘柊生もレギュラー出演することが決定した。

【写真を見る】制服姿初公開!店員っぽいポーズで

同番組は喫茶店を舞台に、喫茶店オーナー・大場英治、店員・小林、常連客・加村真美がMCとして、ゲストと共にトークを展開。10月23日の放送からDISH//4人の“アルバイト採用面接”が行われ、晴れて全員が合格した。10月30日(月)からDISH//全員がレギュラーとなり、メンバーは店員として“シフト制”で出演する。

レギュラーが決まったDISH//の5人を直撃し、レギュラー入りすることへの心境や意気込みなどを語ってもらった。また、喫茶店の制服に身を包んだ姿も公開!

■ 北村匠海「コトダマ」を感じた

――まずは全員でレギュラーとなった心境から教えてください。

柊生:龍二(一人)が出演している時も(番組は)見ていたし、もちろん元々面白かったんですけど、全員がレギュラーになるということで、龍二だけの時よりも面白くならなければ駄目じゃないですか。メンバーが増えるわけですから。だから、もっともっとパワーアップして、“神奈川のスター”になりたいと思います。

龍二:おお、神奈川のスター。素晴らしい(笑)。

大智:率直にうれしかったですね。僕は龍二の笑顔がすごく好きなので…。

龍二:気持ち悪いよ(笑)。

大智:収録の時にその笑顔を横で見られると思ったら、ゾクゾクしますね(笑)。

昌暉:普段から「関内デビル」はめちゃくちゃ見ていますし、出たくて出たくて仕方なかったです。以前、ゲストで出させていただいた時もすごく面白かったんですね。その時に「ぜひ、準レギュラーでも!」と言ったんですけど、それがまさかレギュラーになるなんて。思ってもみなかったことなので、めちゃめちゃうれしいです。

匠海:初めて番組に出せていただいた時は昌暉がいなくて4人だったんですけど、その時も俺らは「レギュラー、レギュラー」って言っていたんですね。それがかなったのが何か…僕ら「コトダマ」って曲があるんですけど、「あぁ、(本当に言霊って)あるのかな」って思いました。あとは、(目標としている)横浜スタジアムが近いというところで、何かこの番組に出させていただける意味がすごくあるなって思いました。

――番組が始まる前のインタビューで、龍二くんは「メンバーがゲストに来てくれたら心強い」と話してくれましたが、レギュラーとなるとまた違いますか?

龍二:そうですね。みんな個性豊かだし、それぞれキャラクターが違うんですね。出演する人によって、その日の放送の雰囲気がガラッと変わるようなメンバーたちなので、見ていても1週間飽きずに、楽しく面白く見ることができると思います。そういう意味でも放送が楽しみです。

今まで番組を見てくれていた方々は、僕のことを知っていてもDISH//の他のメンバーを見る機会もあまりなかったと思います。もっともっとDISH//にも「関内デビル」にも興味を持っていただきたいので、メンバー全員が出られるというのはうれしいなって思うし、もっとたくさんの人に「関内デビル」を広めていって、国民的な番組になるお手伝いができればなって思います。

■ 橘柊生が腹を立てた小林龍二の「ボウリング」

――「関内デビル」に出演している龍二くんは普段と違いますか?

匠海:毎週収録しているのが楽しそうだなぁって感じでしたね。結構面倒くさがりなんですけど、本当に楽しそうに撮影していたんで。

柊生:何が腹立つって、スケジュールにみんなは「リハーサル」「ダンスレッスン」って書いてある中で、龍二だけ「ボウリング」って書いてあるんですよ。

全員:(笑)。

龍二:関内デビルでボウリング企画があって、その収録なんですけど。

柊生:月1か2回くらい、龍二は「ボウリング」って書いてあるんです。「こいつ!」って思って。それがいいなって思っていたんで、(自分たちも)ボウリングをできるのが楽しみです。

匠海:そこ!?(笑)。

龍二:投げ放題ですからね。

柊生:やった! 楽しみですね。

――「関内デビル」によって、龍二くんが変わった部分もあるんじゃないですか?

昌暉:喋りはうまくなったね。

龍二:本当?

昌暉:トーク力というか、ワードチョイスがしっかりしてきた気がしますね。

龍二:うれしい!

柊生:マスコットキャラクターだったんですよ。以前は、あまり喋らなかったんで。今もDISH//のライブではあまり喋らない方ですけど、話を振ったらしっかりとパーソナリティー感は出してくる。それと、“関内駅からハマスタまでの道”みたいな動画を一人で撮るというのをやっていたんですけど、前は全然喋ることができなかったはずなのに、“テレビの龍二”になっていて。

龍二:ははは(笑)、何か恥ずかしい。

匠海:ほぼカットされていたじゃん(笑)。

龍二:しっかり2時間くらいやったのに、ギュッとまとめられていた(笑)。

■ 矢部昌暉「マスターのボケを回収する」

――個人での活動も増えてきた中で、全員でのレギュラーというのは気持ちが違いますか?

柊生:全員でテレビのレギュラーというのは久しぶりだよね。

龍二:そうだね。

匠海:今までラジオを多くやらせていただいていました。

龍二:いま全員では番組レギュラー出演はないからね。

柊生:「テレビは何年ぶりだろう?」ってくらいな感じで、全員でのレギュラーということで、気合いを入れていきます。

昌暉:地上波ですよ。うれしくてたまりませんよ。ありがたいです。

――今後の「関内デビル」はどうなっていきそうですか?

龍二:番組は始まって半年くらいですけど、この間も(横浜スタジアムで)始球式をやらせていただきましたが、イベントもたくさん増えていくだろうし。そこにDISH//とカム(加村)、マスターが集まればね。今まで3人だったのが7人になれば、もっともっといろいろな方に知っていただいて、興味を持っていただけると思うので、たくさんイベントをやりつつ、収録も楽しくやりつつ、広めていきたいなって思います。

――大場さん、加村さんと、同じMCとして共演することになります。

匠海:龍二との3人の関係性が出来上がってしまっているので、介入できないなぁって(笑)。これは崩せないなぁって思って見ていました。

龍二:ははは(笑)。

昌暉:マスターのボケがコアなものばかりなんですよ。テレビを見ていて、龍二はまだそこまで対応しきれていなかったので(笑)。

龍二:やべぇ。駄目出しされた(笑)。

匠海:たぶんだけど、誰も付いていってないよね(笑)。

龍二:誰も付いていけないんだよ。

昌暉:そこも5人にパワーアップしたんで、(ボケを)回収できるように頑張っていきたいなって思います。

大智:あのお二人はすごく喋る方かなぁと見ていて思ったので、うまく交じり合えたらなって思います。

柊生:3人で喋るだけじゃなくて、(番組では)ゲストさんも入れて喋るので、早くあの二人と距離を縮めて、それからゲストさんにぶつけられるといいなと思っています。二人と距離を縮められないうちは、ゲストさんとはトークがしづらいなって思うので、早く距離を縮めたいですね。

――大場さんは強敵ですか?

匠海:いや、逆に引っ張ってくれているんだと思います。あのテンションがないと成り立たないでしょ?

龍二:そうだね。あのマシンガンがないとね。

匠海:“大黒柱感”はすごいから。

龍二:ちゃんと支えられればすごく頼もしいんですけど、支えられないと暴れだすんで。暴れ馬って感じですよね(笑)。

■ 泉大智「お茶の間を洗脳」

――それでは、番組での個人的な目標、やりたいことなどはありますか?

匠海:僕は龍二よりうまいコーヒーを入れられるようになりたいです。

龍二:それはたぶん無理だな(笑)。

匠海:とりあえずそこを越えないと始まらないなって思います。

昌暉:僕の担当がいろいろありまして、コーラスとギターとパンティースターと、国民の息子、国民の孫、国民の彼氏…。

匠海:それって公式なの?(笑) “DISH//の汚点”も付け足したほうがいいよ。

昌暉:あ、“DISH//の汚点”もあるので、「関内デビル」に出演したら、“お茶の間の人気者”も付け足していけるように頑張りたいと思います。

匠海:3年後が苦しくなるねぇ(笑)。

龍二:担当が多すぎて、こんがらがるぞ。

昌暉:大丈夫大丈夫。

大智:僕はお茶の間を洗脳できたらいいなって。僕が出て、皆さんを面白い方に洗脳できたら。

匠海:何が言いたいのか、さっぱりわからない(笑)。

――具体的にどういうふうに洗脳しますか?

大智:自然と笑いが出ちゃうみたいな…あ、すみません。

龍二:誰もピンと来てないよ(笑)。どうするんだよ、この空気。

匠海:つまらなくていいから普通でいけ。

大智:でも、楽しく皆さんとできたらいいなって思います。

柊生:さっきも言いましたが、神奈川(の街)を歩けないくらいの“神奈川のスター”になりたいと思います。

龍二:本当にtvkの看板番組を目指したいです。「tvkと言えば関内デビルじゃん!」くらいに。

昌暉:「30分じゃ足りないよ」くらいにね。

龍二:いろいろな番組がありますが、それらを越えて、超人気番組にしたいです。ゲストさんの“出たい番組ランキングNo.1”になります。

昌暉:さすが!

匠海:ごめんな。新しく入った4人、マジでバカだったわ(笑)。

――それでは、最後にメッセージをお願いします。

龍二:(DISH//が)5人になって「関内デビル」がさらにパワーアップしました。今まで見てくれていた方も、これからもたくさん見てほしいですし、周りの方に薦めていただきたいです。「おもしれーから見てくれ!」ってたくさん広めてくれたらうれしいなって思います。よろしくお願いします!