サンシャイン池崎が台湾の怪しいお店で「イエーイ」した話

写真拡大 (全2枚)

今回お話をうかがったのは、ホリプロコム所属のお笑いコンビ「磁石」の永沢さん。初めての海外旅行で目撃した意外な光景とは!?

「6〜7年前に、芸人仲間と初めて海外旅行に行ったんですよ。サンシャイン池崎、『我が家』の谷田部とかと男5人で台湾に行ったんです。みんな初めての海外だったので、空港にいるときからすごいテンションが上がっていて。行く前から、向こうに着いたら何をするかで盛り上がっていたんです。僕は事前にネットとかで『台湾のエロいお店』についてリサーチしていました。それによると、台湾では風俗系のお店を出すのが厳しく制限されていて、茶屋とか床屋とかが裏でひっそりとそういう営業をしているらしい、っていう情報が出てきたんです。

それで、夜の7時くらいに台湾に着いて、そういう情報があるというのをみんなに伝えたら、『じゃあ、さっそく床屋に行ってみよう』という話になったんです。いざ台湾の街を歩いてみると、床屋が何個かあるんですけど、全部示し合わせたみたいに2階にあるんです。看板には現地の言葉でいろいろ書いてあるんですけど読めなくて、値段だけはかろうじて分かる。それが、ただ髪を切るだけにしてはあり得ないくらい高いんです。日本円で2万円くらいとか。物価も安いはずなのに、床屋だけはびっくりするほど高いんですよ。

それで『やっぱりそういうことなんじゃないの?』と思って、まずは池崎と谷田部だけが様子見で行くことになったんです。すると1時間後、池崎と谷田部がこざっぱりした台湾の流行りの髪型になって帰ってきたんです。どうやらそこは本当にただの床屋で、あの高い料金表示はエクステとかパーマをした場合の値段が書いてあっただけだったみたいです。結局、床屋には何もなく、あいつらがただ髪を刈られただけでした」