@AUTOCAR

写真拡大 (全6枚)

魂動デザイン・フェーズII 初公開

マツダは、東京モーターショー2017において、マツダ・ビジョン・クーペを世界初公開した。

魂動デザインのフェーズIIを指し示すクルマとして描かれた4ドアクーペ・コンセプトの登場である。


具体的には、近年マツダが追い求めてきたリズミカルな動きを封印。非常にシンプルなワンモーションフォルムを採用したのが特徴だ。


最も分かりやすいのが、ボディサイドの形状で、日本刀のような「反り」を与えて光の表現に深みを与えている。シンプルであるのに、生命感を感じさせる作品となった。
 

消えては現れる 幻のようなディスプレイ


エクステリア以上に目を奪われる人も多いと思われるのが、車内空間だ。間合いを与えてインテリアの構成物を配置することで、隙間に空気の流れをもたせ、タイト過ぎない空間を実現した。


昨今の新型車ではお決まりの大型ディスプレイ群の姿を視界から消し去り、必要な時にだけディスプレイとして機能するシースルースクリーンを導入している。