フェイスブック幹部がメルカリの参謀になった本当の理由

写真拡大 (全5枚)

それは突然のことだった。2017年6月に発表された元フェイスブック幹部の参画。なぜ彼はメルカリを選んだのか。トップ2人が語る、誰も知らない採用までの舞台裏。

今年6月、フェイスブックのVP(ヴァイスプレジデント)、ジョン・ラーゲリンが執行役員CBO(チーフ・ビジネス・オフィサー)としてメルカリ入りしたことが、日本だけでなく、海外でも報じられた。しかし、どの記事にも見当たらなかったのが、その理由だ。

2014年にグーグルからフェイスブックに移った彼は、マーク・ザッカーバーグから約200人のチームを任され、VR(仮想現実)企業のオキュラス社とのパートナーシップなど新規事業開発や、メーカーなどとの渉外を担ってきた主要人物である。そんな彼が、なぜ日本発のフリーマーケットアプリ企業に転職したのか。

メルカリの創業者で会長兼CEOの山田進太郎は、「アメリカでの事業を加速させようと決めたとき、まっさきに頭に浮かんだのがジョンでした」と明かす。14年にアメリカに進出して以来、山田は時折、フェイスブック本社の食堂などで旧知のジョンと食事を共にしたが、「ジョンは要職にあるので、転職は非現実的だなと思っていました」と振り返る。

メルカリは16年7月にiPhone向け無料アプリの全米ダウンロードランキングで、「Bitmoji Keyboard」「ポケモンGO」に次いで3位になるなど健闘していたものの、山田は「日本に比べると、成長のスピードが遅い」という課題を抱えていた。「日本人より上手」と言われる敬語を使いこなすジョンも、日本語でこう話す。

「アメリカのメルカリは、行列ができる前のラーメン屋さんみたいなものです。味も素材も評判なのですが、まだ一般的になったわけではありません」。では、なぜ彼は世界から注目される要職を捨てて、山田の参謀になったのか。


山田進太郎、ジョン・ラーゲリンが1年の大半を過ごす、メルカリ米国子会社のオフィスはサンフランシスコ市街が一望できる。

「親切に怒る」歌舞伎町の客に学ぶ

世界トップ企業のグーグルとフェイスブックで働いたスウェーデン出身のジョン・ラーゲリンが、東京・歌舞伎町の「ドコモショップ新宿東口店」で社会人生活をスタートさせたことはあまり知られていない。02年、彼は靖国通り沿いの店頭で携帯電話を売っていたのだ。

もともとストックホルム商科大学で「オンライン時代のブランドマーケティング」について研究していた彼は、東大大学院に進学。東京の居酒屋でiモードを立ち上げた榎啓一を囲む飲み会に参加した際、ジョンの話を面白がった榎から、ドコモの入社試験を勧められたのがきっかけである。

配属先の新宿東口店は土地柄のせいか、「お客さん同士が声がうるさいと喧嘩を始めたり、警察官が来たりと深い経験ができたのですが、実はいまでも役立っている点があります」と言う。それは日本人が、「親切に怒る」ことだ。

「お客さんから厳しいご意見をいただくのですが、ただ怒っているのではなく、『ダメじゃないか』と問題点を指摘してくれるのです。きちんと対応すれば怒りは収まりますし、特に学んだのは、消費者はわかりづらさや面倒くささを、僕たちの想像以上に嫌がっていることでした」

携帯電話で誰かと話したりメールを送りたいという人間の単純な欲求を満たすために、なぜ分厚い約款を読んだり、サービス体系を知らなければならないのか。店員も覚えなければならないことが多い。だから、彼はこう考えるようになった。

「料金体系やサービスをシンプルにわかりやすくすれば、みんながハッピーになる。そこが勉強になったのです」

当たり前の話のようだが、フェイスブックが瞬く間に時価総額で世界トップ5の企業になったのも、孤独や不安といった人の普遍的な心理に、視覚化した「関わりあい」が刺さったからだ。技術だけで世界を凌駕できるわけではなく、これは山田の気づきにも重なるので後述したい。

男女平等で、上下関係もフラットを建前として、「有名大学を卒業しているとか、通用しないんですよね」というスウェーデン社会からやって来たジョンは、新宿からさらに経験値を飛躍的に高めていく。

iモードの立役者、夏野剛と海外進出戦略に携わり、アフリカ、中東、アジアをまわった。アメリカで起きている技術革新に参加したいという思いから、グーグルに転職すると、「アンドロイドの父」と呼ばれるアンディ・ルービンやCEOを務めていたエリック・シュミットと出会った。

シュミットは重要な交渉の席で、隣に座る若いジョンにも意見を求める。どんな相手に対しても認めることから始めるシュミットの姿勢を目の当たりにしたことに、彼は大きな影響を受けている。

山田がジョンのことを「誰が相手だろうと彼は話しあえる」と評するように、世界中で交渉ができるのは、経験を糧にしているからだろう。ジョンはグーグル時代にイベントで山田と知り合った。ジョンは山田のことを「若いのに精神年齢が高く、人生経験がある人だな」と思えたという。



その山田は01年に起業している。写真を投稿・共有するサービスやゲームなどを開発し、10年にアメリカのソーシャルゲーム最大手ジンガの傘下に入ったが、12年に社を去った。山田の世界観を知るうえでヒントとなる話がある。スカイプが世界的なサービスになったとき、ある起業家が「やられた」と口にしたことを山田は記憶している。覚えている理由を彼はこう話す。

「スカイプのような技術はすでにあったのですが、ユーザーにとって簡単に使える点が画期的でした。技術以上に誰でもインストールすればすぐにインターネットを介して通話ができることが優れていたんです。グーグルも検索の技術だけではなく、ページランクというアイデアがあったから、社会にインパクトを与えたと思います」

スカイプの登場で、離れた場所で暮らす家族や友人が対話できるようになり、出会いや結婚、国境を越えたビジネスも容易になり、世界の人々から「距離」というストレスが解消された。13年に山田がメルカリを創業すると、エンジニアや起業家らが集まったのも、山田が築こうとする世界観に共鳴したからだ。

「売る」「買う」というC2C(個人間取引)は、企業と消費者という縦に流れる一方通行を変える。雨が降ったら軒先を貸すように、モノやサービスを融通しあう社会に、賛同者たちは未来形を見たのだ。



デモクラシーの機会だ

「転職なんて考えられませんでした」。14年、メルカリのアメリカ進出時、山田から入社の誘いをジョンは断ったという。フェイスブックに移ったばかりだったからだ。

この年、ジョンはダボス会議で面白い実験をしている。難民キャンプを360度撮れるVRカメラで撮影し、世界のリーダーたちにVRヘッドセットを装着させて、難民キャンプを仮想現実で体験させたのだ。「リーダーたちの気持ちが変わるんですよ」と、ジョンは振り返る。

「離れた所にいても、行ったことがあるような気持ちになって、共感を生む。技術が人と人を結びつけて、つながりを感じることが新しい価値を生むんです。これこそ、デモクラシーの機会だと思いました」

そう、ジョンも山田も違う場所にいながら同じ未来を見ていて、2人は同じ世界観を構築しようとしていたのだ。

3年後の今年4月、日本の事業を現COOの小泉文明に任せ、アメリカ事業に集中した山田は、「2つの課題があった」と言う。アメリカは出品数が多く、回転率も早いが、取引終了後のレビューを書かない人たちがいるなど、「完了率」が低かった。また、遅配など、問い合わせの数も多い。

「お客さんのストレスになっていることはカスタマーサポートやプロダクトで解決できるし、満足度の向上にもつながる。耐え忍ぶ時期と思い、半年かけてフルリニューアルをしました。しかし、もうひとつの問題は、僕にできることではなかったのです」

それは、郷に入れば郷に従えで、人材採用、ビジネス開発、PRなど、アメリカでの事業を推進できる人材をどうするか、である。アメリカでC2Cが活発なのは、言語や民族的な背景が異なる人々の集合体で、サービスやモノの取引が数少ない共通の関わりになるからだ。

山田がアメリカ進出にこだわった理由もここにある。文化的に多様性があり、世界の縮図であるアメリカで受け入れられるサービスこそが、世界進出の第一歩となる。だからこそ、アメリカオフィスの人材、ビジネス開発、マーケティング、PRとすべての機能を強化しなければならなかった。

今年5月、ジョンがサンフランシスコ発ロンドン行きの飛行機に乗っているときのことだ。機内の照明が落ち、うとうとしているとき、ふと気配を感じて見上げると、目の前に山田が立っていた。「ちょっと話そうよ」。同じ便に乗っていることは知っていた。空港でもメルカリの理念を山田が語り、共感してもらえるのなら考えてほしいと促されていた。

2人は暗い機内で空席を探して歩き始めた。1階、2階をすべて歩いたが席はない。ぼそぼそ声で「実はメルカリに行きたいんですよ」「じゃあ、行ける状況を一緒につくろう。何がネックなの?」と対話は続いた。決着点は、複雑な契約条項を彼ららしく「シンプルにしよう」だった。

10月、スマートホーム向けのデバイスを開発する「Nest」や「Google Fiber」など、グーグルでブランディングを担当してきたスコット・レビタンがメルカリ・アメリカのCMOに就任。また、ハーバード大学を出て、YouTubeで仕事をしていたブラッド・エリスの入社も決定した。いずれもCBOのジョンがスカウトした人材である。


サンフランシスコ中心部に位置するメルカリ米国子会社のオフィス。社内には社員の写真が飾られている。

「大企業が支配的な社会で、大企業を経由しない人と人との直接の取引やつながりが、人々にパワーと創造性を取り戻させる」というジョンの信条に魅力を感じたのかもしれない。

「昨日、僕はフェイスブックに、”ikigai”と題して、いまの生き甲斐を書いたんですよ」と、ジョンは言う。

翌日、彼の投稿に「いいね!」がついていた。その名前を見た瞬間、ホッとしたという。「いいね!」を押した理解者は、かつてのボス、マーク・ザッカーバーグだった。

ジョン・ラーゲリン◎執行役員CBO。グーグルでAndroidグローバルパートナーシップディレクターなどの重要なポジションを7年間にわたり務めた後、2014年にフェイスブック社のVPに就任。数多くの分野における事業提携業務を統括。17年6月、執行役員CBOとしてメルカリに参画。現在は米国子会社のCEOも務めている。

山田進太郎◎代表取締役会長兼CEO。早稲田大学在学中に、楽天にて「楽オク」の立ち上げなどを経験。大学卒業後、ウノウを設立。「映画生活」「フォト蔵」「まちつく!」などのサービスを立ち上げる。2010年、ウノウをZyngaに売却。12年に退社後、世界一周の旅を経て、13年2月にメルカリを創業。