2017年10月28日より一般公開が開始される「第45回 東京モーターショー」において、電動パワートレイン「e-POWER」を搭載した「セレナ e-POWER」が公開されることが明らかとなりました。

2018年春に発売予定という「セレナ e-POWER」は、電動車両をリードする日産の電気駆動テクノロジーから生まれたシリーズハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載した3列シートのMクラスミニバン。

セレナのデビュー時から話題を集めた自動運転技術「プロパイロット」は、当然e-POWER仕様にも搭載され、高速道路における同一車線での自動運転(車速と操舵の制御)を味わえます。

「e-POWER」の象徴といえるブルーアクセントを施したフロントグリルや専用LEDテールランプが電気自動車テクノロジーを搭載していることをさり気なくアピール。いかにも空力特性に優れたデザインの専用アルミホイールは、省燃費性能の高さを予感させます。

インテリアにおいてもブルーのアクセントを施すことで「e-POWER」らしさを演出。2列目シートがキャプテンシートの2+2+3の7人乗り仕様となっているのはe-POWERの特徴といえます。

(山本晋也)

【東京モーターショー2017】日産・セレナにe-POWERモデルが登場!電気自動車テクノロジーをミニバンに搭載(http://clicccar.com/2017/10/25/523973/)