月9「民衆の敵―」で、誠(高橋一生)と体の関係を持つコールガール・莉子を演じる今田美桜/(C)フジテレビ

写真拡大

10月23日に初回放送を終えた“月9”ドラマ「民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜」(毎週月曜夜9:00-9:54フジ系※10月30日は夜9:00-10:09)。

【写真を見る】衣装の露出が多いので、あんまり食べ過ぎないように我慢してます(笑)/(C)フジテレビ

初回放送を終えて話題を呼んだのは、政治家一家のサラブレッド・誠(高橋一生)の“裏の顔”。誠は、代々続く政治家一家で育った市政のプリンス。一方で、貸しアパートにコールガールを呼んでいるという衝撃シーンが視聴者の意表を突いた。

そんな誠の裏の顔を知る唯一の人物で、誠と体の関係を持つコールガール・莉子を演じる今田美桜にインタビューを敢行。月9初出演の感想や共演者の印象を聞いた。

――「月9初出演」に関して、喜びは大きかったですか?

めちゃくちゃ大きかったです! キャストさんもすごく豪華な方たちばかりなので、逆に申し訳ないなと思ったり…。それに恥じないように頑張ろうと思っています。

「のだめカンタービレ」(2006年フジ系)とか「ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロ〜」(2009年フジ系)とか青春時代に見ていたドラマで、今でも思い出すドラマって全部“月9”ドラマというイメージです。今までずっと見てきた“月9”に自分が出られるというのがいまだに実感が沸かなくて、月曜日の夜9時に自分の映像が流れてるっていうのが想像できないです。

――今回は、コールガール役と聞いて、率直な感想は?

最初、「コールガール」という役柄だけ聞いたときは、「自分のイメージに合ってるのかな?」「もっと色気のある方じゃなくて大丈夫かな?」と思ってたんですけど、台本を読んだときに、莉子はすごくピュアな子で、抵抗なくその仕事をやっている子というのが、自然に入ってきて、私っぽく演じてみようと思えました。

――演じるに当たって、この役のために準備されたことはありますか?

思っている以上にテンションの高い、天真らんまんな女の子なので、そこは大変でした。普段の自分はそんなにテンションが高くないので(笑)。友達といるときは楽しくて自然とテンションも上がるので、友達に会うようにしていたかもしれないですね。

あと、岡崎京子先生の「pink」を読みました。主人公のユミは洋服好きで、そのために夜の仕事をしているというところが莉子ちゃんと重なったので、ユミをイメージして演じています。あと衣装の露出が多いので、あんまり食べ過ぎないように我慢してます(笑)。

――自身と性格の違う莉子を演じる上で役のスイッチはどこで入りますか?

莉子という役は自分とは正反対で、普段の私服では、黒とか白とかモノトーンな服を好んで着るんですが、今回は役のために髪の毛を毎回グリングリンに巻いて、明るい色で露出の多い衣装を着るので、そこでスイッチが入りますね。

――では、莉子が自分の周りにいても友達にはなっていないタイプ?

あぁ〜、でもそのエネルギーに吸い込まれてるかもしれないですね(笑)。なんでもポジティブで、マイペースな莉子ちゃんみたいな女の子はうらやましかったりします。ああいうふうにずけずけと物を言えたりするのはすごいなと思います。

――監督からこう演じてほしいなどリクエストはありましたか?

ちょっと偏見も持たれやすい職業ではあると思うんですけど、そんなのなんとも思っていなくてとにかく明るい子。洋服が大好きで、人生をそのまま楽しんでいる子って言われました。

――共演の高橋一生さんの撮影現場でのイメージは?

いつも歌を歌っているイメージです(笑)。カメラが回っていないときは鼻歌を歌っているイメージが強くて、「楽しそうだな〜」って思ってます(笑)。

――では、高橋さんの役者としてのイメージは?

常に自分の意見を持たれている方で、監督と話し合ったりしている姿を見るので、今回初めて共演させてもらって、「私もいつかああなりたい!」って憧れになりました。お芝居のことじゃなくても吸収することが多いですね。知識も豊富ですし、物事の考え方でも「そういうふうに考えてるんだ〜!」と思わせてくれたりとか。

――高橋さんとは現場でどんなお話をされますか?

お芝居のことについてよく話しますね。バックハグのシーンを撮影したんですけど、高橋さんが「“バックハグ”って名前が付いてる時点でだめだよね!?」とおっしゃって、「もう1回撮り直してもいい?」って言われて、「全然いいです!(笑)」って。

そういうふうに別パターンのお芝居を撮影してみたり、「どうした方が楽?」とか「どうしたい?」って聞いてくださって、いつも話し合いながら演じさせてもらっています。

――政治のドラマ、台本全体を読まれての印象は?

私がまだそんなに政治を知らなかったので、台本を読んだ時点ですごく勉強になったし、政治の世界ってこんな感じなんだなって思いました。

政治についての言葉や用語は教科書に書いてあるけど、実際にその世界にはどういう人たちがいて、その人たちがどういう関係性で、ましてや新人議員さんがどのような仕事をしているのかというのは、教科書の文字だけではなかなか分からないと思うので、このドラマを見てさらに詳しく知れるのではないかと思います。

――タイトルにちなんで「世の中おかしくないですか?」と感じたことは?

友達のために救急車を呼んだことがあって、救急車が来るまで付き添ってたんですけど、初めて呼んで、病院が決まるまでに「こんなに待つんだ!」と思ったことがありました。20分くらい待って病院が決まったんですけど、よくたらい回しにされるという話を聞いていて、こういうことなんだなと思いました。

――最後にドラマを見ている方にメッセージをお願いします。

コールガールと議員という今までなかなかなかった関係性が面白いと思います。衆議院解散もありましたし、「世の中が今まさに!」ということがこのドラマでも起こっていて政治の勉強にもなるし、それでいてコメディーの部分もあると思うので、ぜひ楽しみに見ていただければと思います。