ペンキ塗りひとつとっても、工夫次第で楽しさは変えられる。


 職業に貴賎なし、という。その通りだと思うし、何よりも、これほど簡単にイノベーションを起こせる言葉もないと考えている。

 しかしそうは思わない人もいる。人間という生き物は承認欲求が強いらしく、自分の現状に不安、不満があるときは、比較をして「自分はまだマシだ」と言い張ることで、少しでも優越感を感じて、不安、不満を解消したくなる生き物らしい。

 私は、どんな仕事も取り組み方次第だと考えている。取り組み方が変わると、職業のイメージがガラリと変わることがある。本稿ではそれを考えてみたい。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

「どうせ」から「どうせなら」へ

 ナイチンゲールをご存じだろうか。看護士という仕事を世界に知らしめた、あの人のことだ。ナイチンゲールは裕福な家庭に生まれた。そして「看護士になりたい」と希望を述べたとき、家族は大反対し、彼女の姉などは卒倒したそうだ。

 というのも、当時は看護士という仕事は貧しい女性が仕方なしに従事する、いやしい職業とされていたからだ。患者の血や膿で服が汚れることが多く、汚い格好の人が多かったから、余計に差別的な目で見られていた。

 ところがナイチンゲールは「患者の命を救う尊い仕事」だと考え、その信念に揺るぎはなかった。当時、世界最高の衛生学を学べるドイツの病院で訓練を受け、イギリスに帰国後、クリミア戦争で患者の治療に当たった。

 驚くべきことに、ナイチンゲールが看護士の仕事を改革したことで、死亡率が劇的に下がった。実は、患者の死亡率が高くなる原因は、不衛生な環境に置かれて、病原菌に二次感染することが多かったためだった。

 ナイチンゲール以前の看護は「どうせ血や膿で汚れるから」服を着替えもせず、ベッドのシーツも滅多に変えなかったが、ナイチンゲールは徹底して清潔な服に着替え、患者の居住空間を清潔に保った。その結果、二次感染する患者が激減し、死亡する患者も大幅に減ったのだ。

 さらに驚くのは、清潔さを保つことが患者の命を救うのだということを、統計学でデータを示し、しかも統計学に詳しくない政治家にも簡単に分かるよう図式化するなどの工夫を凝らし、ついに看護士の地位を劇的に向上させ、医療現場になくてはならない、尊敬を集める職業に変えた。

 患者の命を救いたい。そのため、みんなが「どうせ」と諦めていたことに「どうせなら」と改善を重ねた。それが看護士という職業を、誇りあるものに変えたのだ。

『おくりびと』という映画で注目を集めた納棺士という仕事も、「どうせ」を「どうせなら」の発想で、尊い仕事に変わった職業のひとつだろう。

 その原点となった『納棺夫日記』では、遺体を洗って納棺するという仕事につくと聞いた親戚から「縁を切る」とまで言われた話が載っている。しかし主人公は、遺体を洗う際、まるで医者のように清潔な白衣を着て、心をこめて遺体を洗った。

 その様子を眺めていた年配の女性から、拝まれるようになったり、「私が死んだらあなたにやってもらえないだろうか」と依頼されるようになったという。

 心をこめること。すると、みんなが「どうせ」と思っていた職業が輝き出す。「なんてすばらしい仕事なんだろう」と憧れるようになる。

『トム・ソーヤーの冒険』に、印象的なシーンがある。トムは遊びに行こうと思った矢先、伯母さんから壁のペンキ塗りを言いつけられた。「え〜っ!」と最初は思ったトムだが、トムは考えを切り替えてみた。

 いかにも楽しそうにペンキを塗り始めたのだ。友人が通りかかり、「なんだ、家の手伝いをさせられているのか」とからかった。するとトムは「ペンキ塗りって奥が深くって、なかなか面白いんだ」とますます念入りに塗った。トムの熱中する様子を見て友人は、なんだか本当に楽しそうに見えてきて、「なあ、俺にもちょっとやらせてくれないか」と頼んできた。「え〜? やだよ」ともったいつけるトム。ついに友人は「このリンゴをあげるから!」

 そのうち、他の友人たちも通りかかり、みながこぞって「今度は俺の番だ!」とやりたがるように。トムはみんながくれる贈り物をほおばりながら、「ダメダメ、そんな塗り方じゃ!」と指示を出すという格好。

 トムの行為は明らかに悪知恵の猿芝居のように見えるが「ペンキ塗りはかように難しく、奥が深く、そして楽しい仕事だったのか!」と、友人たちが再発見し、目をキラキラして取り組んだのは事実(小説だけど)。実際、日曜大工を始めた人なら分かるだろうが、ペンキ塗りというのは楽しいものだ。

 おそらくトムは、とても大切なことを知っていたのだろう。人から言われてする仕事は楽しくないが、自分から進んで取り組む仕事は楽しい、ということだ。

楽しむ工夫と「心をこめる」

 拙著『自分の頭で考えて動く部下の育て方』にも触れたことだが、人からやれと言われて受け身でやる羽目になったことは、意欲がちっとも湧かない。できるだけ手を抜いてやろうとする。

 しかし、自分がこれをやってみたいと思うことは「どうやったらもっとうまくやれるだろう?」と工夫しだす。その工夫の結果が発見につながり、喜びとなる。それがさらなる工夫を促す。ますます楽しくなる。

 そんな楽しそうな様子を見ると、他の人も感化される。「なんだか楽しそうな仕事だな」。そして、その職業が輝き出す。

 人から言われてではなく、自分から選び取ること。工夫を重ねて発見を繰り返し、楽しんでしまうこと。「どうせ」と目の前の仕事をけなすのではなく、「どうせなら」どんな工夫をこらしてやろうか、と楽しむこと。楽しむと、自然に「心がこもる」ようになる。心をこめて取り組む仕事は、周囲を感化させずにいない。「自分もやってみたい」と人が集まるようになる。

 これまで仕事というのは、食べるために仕方なしにすること、仕方ないから働くけれど本当やイヤイヤやっていること、というイメージが強かった。それは、「人から言われてする仕事」だからだ。

 しかし、自分から選び取り、自ら工夫を重ね、「自分の力で発見した」喜びを重ね、楽しくなり、自然と心をこめるようになった仕事は、ちっとも苦にならない。やればやるほど楽しくなるものだ。

 もしあなたが、今の仕事をつまらないと感じているのなら、心の中にトムを登場させてみよう。そしてつまらないと感じていたはずの仕事を、トムが熱心に取り組みだす。ああでもない、こうでもないと工夫を重ね、思わぬ発見をして「おお! こんな方法があったか! これに気づいたのは俺だけかな? やったね!」とほくそ笑む。そしてますます熱心に取り組む。するとあなたは、自然に仕事にのめり込むようになっていくだろう。

 仕事というのは、「どうせ」やるなら、「どうせなら」の発想で楽しんでしまうとよい。すると、ナイチンゲールが看護士の仕事に革命を起こしたように、『納棺夫日記』の筆者が納棺士の仕事のイメージを劇的に変えたように、「エンゼルメイク」を始めた看護士が死に化粧を尊敬される業務に変えたように、トイレを卒論に取り上げた女性がトイレメーカーに就職し、トイレを快適で清潔、居心地のよい空間に劇的に変えたように、革命的な変化をもたらすことができる(本コラム「えっ軽トラが!『どうせなら』の発想で世界は変わる」を参照していただきたい)。皆があまり目を向けていなかった職業も、あなたが「心をこめる」ことで生まれ変わるだろう。

「職業に貴賎なし」という言葉は、現実を示した言葉というより、「その状態を作れたらさぞかし楽しいぞ」という能動的な目標、楽しい夢として捉えるべきなのかもしれない。あえてみんながやろうとしない仕事に飛び込み、あなたが「心をこめる」ことでキラキラした職業に変えたとしたら、そんな痛快なことはない。

 さまざまな職業がキラキラ輝き出すのを期待したい。

筆者:篠原 信