クルド人を診察するアラブ人医師


 クルド独立住民に投票に端を発した、クルド自治政府とイラク中央政府の軍事衝突の危機はクルド側が事実上の無血開城を行ったことにより、収束の兆しを見せている。

 イラク中央政府はキルクークに進軍し、大規模な衝突が起こることなくキルクーク県庁までも支配下に置いた。そして同県庁にこれまで掲げられていたクルド国旗は降ろされ、イラク国旗がその上に掲げられた。

 クルド2大政党のうちの1つ、クルド愛国同盟が衝突回避のために、事前にイラク中央政府側と交渉しペシュメルカ(クルド軍)を撤退させてキルクークを引き渡すことに合意していたとの報道がなされている。

 クルドの独立に向けた動きはあたかも薄氷を持ち上げるがごとくバリバリと割れてしまい、クルド勢力側に強固な連帯が存在しなかったことが露呈された。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

クルド自治政府の2大政党に亀裂

 クルド自治政府を担う2大政党マスウード・バラザーニー率いるクルド民主党と先日亡くなったジャラール・タラバーニーによって創設されたクルド愛国同盟の決定的な亀裂である。

 独立住民投票後、中央政府や周辺諸国からの圧力が強まるなか、クルド民主党の強行姿勢をいち早く批判したのが、10月5日に亡くなったクルド愛国同盟の創設者ジャラール・タラバーニー元イラク大統領の妻でありクルド愛国同盟の幹部であるヒロ・イブラヒーム、そして息子のバーフィル・タラバーニーであった。

 独立住民投票に対する経済制裁が課され始めた最中の10月1日、住民投票の実施を指導したクルド住民投票高等評議会はその任を終え、これに代わって新たにクルド政治指導部高等評議会を結成することを発表した。

 しかし、10月3日、ヒロ・イブラヒームはこの新しい評議会設立をイラク革命指導議会(バアス党政権時代の国家最高機関)の設立に等しい」と述べ、バラザーニー大統領による近年の独裁的傾向を強く批判していた。

 また息子のバーフィル・タラバーニーは現在のクルド政府による政治を批判する動画を英語で国際社会に向けて発信し、その動画の中で意図的にクルド国旗を隠し、イラク国旗を掲げることでイラク中央政府に恭順する姿勢を示していた。

 今回、キルクークの明け渡し合意を結んだのはこのバーフィル・タラバーニーであるとされている。

 そしてイラク中央政府側からこの合意締結に臨んだのは、イラク政府の政治家ではなくイスラム国掃討作戦で力を発揮した、民兵組織「バドル」の司令官であるハーディー・アミ―リー、そしてイラン革命防衛隊「ファイラク・クドゥス」司令官のカーシム・スレイマーニーだったとされている。

 そもそも生じていたクルドの亀裂に対し、クルド側が恐れる武闘派の司令官らを通じて圧力をかけたことでクルドの独立運動に決定的な楔を打ち込んだと言える。

 クルド国会の野党議員であるマスウード・ハイダルは以下の9項目を含んだ合意の内容を明らかにしている。

8項目の合意内容

1.イラク中央政府軍が論争(クルド・中央政府の領土問題係争)の地域に駐留すること。

2.2014年以降クルド自治政府が支配していたキルクーク県内の17の行政機関をイラク中央政府に移譲すること。

 これに応じない場合はさらに2003年以降クルド政府が支配している11の行政機関、総じて28の行政機関の移譲を要求する。

3.キルクーク県中心部は共同管理とすること。15地区のクルド人居住区はクルド側が管理を行い、その他の25地区はその他の構成民族(非クルド人)が管理を行うものとする。また、これが6か月間継続されるものとする。

4.イラク中央政府がキルクーク県内の戦略的地点の管理を行う。戦略的地点とはカイワーン軍事基地、キルクーク軍事飛行場(フッリーヤ基地)、油田地帯を指す。

5.スレイマーニーヤ国際空港における国際線の離発着を再開する。

6.イラク中央政府はスレイマーニーヤ県およびキルクーク県の公務員の給与支払いを行う。

7.イラク中央政府はバーフィル・タラバーニーから提出された名簿に応じ、スレイマーニーヤ県内のペシュメルカ(クルド軍)に対し、給与を支払う。

8.ハラプチャ県、スレイマーニーヤ県、キルクーク県による自治区形成を行う。

9.この自治区を管理する新政府を形成する。

イラク中央政府保健局とクルド保健局の会合


 クルド自治区の5県はクルド民主党の影響下にあるエルビル県、ドホーク県の西部地域、そしてクルド愛国同盟の影響下にある、スレイマーニーヤ県、ハラプチャ県、キルクーク県(論争の地域)の東部地域に分かれている。

 今回のマスウード・ハイダルが明らかにしている合意の条項が本当だとすれば、端的に言ってこの合意はクルド自治区からクルド愛国同盟が影響力を持つ地域(スレイマーニーヤ県、ハラプチャ県、キルクーク県)が分割され、イラク中央政府の支配下に置かれたに等しい。

 戦うことなく撤退を命じられたペシュメルカ(クルド軍)のある兵士はテレビカメラの前で泣きながら次のように不満を述べた。

 「我々ペシュメルカ(クルド軍)はキルクークを守るために犠牲を払ったのに、政治家はキルクークを売り払った。政治家たちはキルクークを渡さないと言っていたのに・・・」

抵抗の意思を失ったバラザーニー大統領

 クルド自治区大統領マスウード・バラザーニーは「キルクークで生じたこと(軍の撤退)はクルディスタン内部の政治勢力のある者たちによる独断的な決定の結果である」と声明を発し、クルド愛国同盟側による合意を「裏切り」であるとして批判している。

 こうした「裏切り」の誹りに対し、クルド愛国同盟側は「そもそもマスウード・バラザーニー大統領が独裁的傾向を強めていた」と応じている。

 クルド愛国同盟側のテロ対策機構司令官は「我々がクルド市民を守るのに励んでいた間、バラザーニーは石油を盗むことと権力の強化に励んでいた」と強い口調で非難した。

 現時点でマスウード大統領は依然として抵抗の構えを示してはいるものの、クルド民主党影響下の領域においてもペシュメルカが交戦することなく撤退したことが報じられており、バラザーニー大統領も既に抵抗の意思を失っていると思われる。

 9月25日の住民投票で最高潮に達したクルドの独立機運は一転して打ち砕かれ、マスウード大統領の進退にも影響を及ぼしかねない状況である。

 そもそも、イラクにおけるクルドの独立闘争はこの2大政党の間の反発と共闘の歴史だ。

一つの病院を共同で運営するクルド人職員とアラブ人職員


 愛国同盟の創設者ジャラール・タラバーニーはマスウード現大統領の父ムスタファ―・バラザーニー時代のクルド民主党から脱退したが、奇しくも今回はタラバーニー大統領の息子が、ムスタファー・バラザーニーの息子に反旗を翻した形になった。

 父たちの世代においては、その後ムスタファー・バラザーニーが亡くなり、クルド民主党主導の独立運動が停滞した後、タラバーニーの愛国同盟がクルド民主党の穴を埋めた形になったが、今後どうなるだろうか。

 私は今回のクルドと中央政府の衝突を心苦しく感じている。

誇張されて伝わるアラブとクルドの亀裂

 私が所属するNGOは日本国政府の支援を受け、多くの避難民を抱えるクルド自治区でイスラム国危機により発生した避難民に対する医療支援を行っている。クルド自治区は衝突が発生した地域に近く、そこから膨大な避難民を受け入れている。

 クルド自治区はこうした避難民を基本的に差別することなく庇護している。医療分野においてもそうである。

 私たちは深刻な財政難と人手不足に喘ぐクルド自治政府の公的医療施設を拡大、強化することで、アラブ人避難民を抱えるクルド政府の負担を軽減することを目指している。

 具体的には2015年以降、都市郊外に居住するようになった国内避難に医療サービスを提供するため、クルド自治政府の保健局と協力して、小さな病院を3つ設立し、運営している。

 ただし、この病院はクルド側が一方的に医療サービスを提供しているというわけではなく、足りない人手や薬品はアラブ側、つまりイラク中央政府の保健局から助力を得ることで不足を賄っている。

 つまりクルドとアラブの協力の下で病院が運営されている。

 避難民(アラブ)はクルド政府側が医療サービスを提供してくれることに感謝しているし、逆にクルド人も避難民であるアラブ側が人材と薬品を提供してくれたことにより、今まで医療施設が存在しなかった地域に医療施設ができ、郊外に居住するクルド人地元住民が街の中心部まで行かずとも医療サービスを享受できるようになった。

 今回の一件で私は自分を少々恥じた。なぜならクルド民族独立運動の機運が高まり、クルドとアラブの協力関係が失われるのではないかと危惧したのは私だけであり、現場の職員たちはクルド人もアラブ人を極めて平静、淡々としたものだったからである。

 病院におけるクルドとアラブの協力関係は住民投票後もキルクークでの軍事的緊張の後も変わらない。

 この協力関係は私にとって非常に重要なもの、美化されるべきものいう認識を持っていたが、現場ではそんな認識を持つまでもなく、自分たちの責務果たすうえで当然のことであった。

 ことさら、「アラブとクルドの平和構築」とか「異民族共生」ということを強調し、美化するまでもない。

 病院にはクルド人行政職員、アラブ人医師、クルド人実業家など多くが関わっているが、各々が各々の義務を淡々と継続している。

 こうして各々が各々の義務を淡々と果たすことによって、結果的に双方が享受しているに過ぎないがそれで十分である。

 と言うよりも、それこそが理想であると思っている。私も淡々と混乱の収束を待ち、淡々と事業継続に必要な責務を果たすことに集中したい。

筆者:加藤 丈典