米国の市場調査会社、ガートナーがこのほど公表した最新レポートによると、パソコン、タブレット端末、携帯電話を合わせた来年(2018年)の世界出荷台数は、23億5000万台となり、今年の出荷台数から2%増加するという。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

わずか2%増だが2015年以来の高い伸び

 これは2015年以来の高い伸び率。パソコンは薄型高性能モデルが好調に売れる。タブレットの出荷台数は小幅な落ち込みにとどまる。携帯電話は、米アップルが11月に発売する「iPhone X(テン)」が市場をけん引していく。これにより、これら電子機器の世界市場は回復に向かうと、同社は予測している。

 これら電子機器の昨年(2016年)における出荷台数合計は23億3200万台だった。これが今年(2017年)は23億700万台に減少する見通し。しかし市場は2018年には回復し、2019年も前年実績を上回るとガートナーは見ている。

パソコンは2.7億台

 同社が予測する2018年の機器別出荷台数は、パソコンが2億6500万台で、今年の出荷台数から0.8%増加する見通し。同社はパソコン市場を、デスクトップパソコンやノートパソコンといった「従来型パソコン」と、薄型高性能の「ウルトラモバイル(プレミアム)」に分けて分析している。

 前者の2018年における出荷台数は、1億9500万台と規模が大きいものの、その前年比成長率はマイナス4.4%。これに対し、後者は7000万台と小規模ではあるが、プラス18.6%と、高い伸びで成長するという。

タブレットは1.6億台

 ガートナーは、アップルの「iPad」「iPad Mini」や、画面サイズが10インチ以下のWindows機、Android搭載タブレットといった、主にコンテンツ消費、ソーシャルメディア、データ入力を目的として利用される機器を「ウルトラモバイル(ベーシック/ユーティリティー)」と呼んでいる。

 このカテゴリーの2018年における出荷台数は1億6100万台で、今年の出荷台数から0.6%減少する見通しだ。

スマホは16億台

 一方、携帯電話の2018年世界出荷台数は、19億2600万台で、前述したコンピューティングデバイス(パソコン、タブレット)の合計台数の4.5倍になる見通し。

 2018年における携帯電話出荷台数の今年に比べた伸び率は2.3%。スマートフォンは、携帯電話の86%を占める16億台超に上るとガートナーは予測している。

 アップルは、先ごろ、iPhoneの10周年記念モデルであるiPhone Xを発表した。そして、11月3日には、世界57の国と地域でこの新モデルを発売する予定。

(参考・関連記事)「アップルは「iPhone X」で再び急成長できるのか」

 しかし、当初は供給が需要に追い着かず、このモデルが多くの消費者の手元に届くのは11月後半以降になると予測されている。

 こうしたことから、iPhone Xへの買い替えが本格化するのは2018年となる。そして、2018年はこのiPhone Xが、北米、中国、西欧などの世界主要市場で、携帯電話の販売をけん引すると、ガートナーは見ている。

筆者:小久保 重信