刀鍛冶が明治初頭に創業した刃物メーカー・三星刃物。140年の歴史の中で、グローバル化や新規事業立ち上げなど乗り越えてきた苦難は数多い(写真:三星刃物)

近年、日本刀がブームになっている。きっかけとなったのは、DMMが制作したPC・スマホゲーム「刀剣乱舞」。美男子の姿をした名刀を育成するというシミュレーションゲームで、女性を中心に大ヒットした。「キャラクターの由来となった刀を見たい」と日本刀が展示されている博物館や美術館の人気も上昇中だ。

また、海外でも「Samurai Sword(サムライソード)」と呼ばれるなど、クールジャパンも相まって丁寧な製造方法や仕上がりの美しさが外国人を魅了している。

江戸以降、需要が減った日本刀だが…


この連載の一覧はこちら

関鍛冶(現・岐阜県関市)は日本刀の一大生産地として栄え、最盛期の室町時代には数百人の刀匠が住んでいたとされる。しかし、1600年の「関ヶ原の戦い」の後、約300年続く平穏な江戸時代に入ると日本刀の需要は急減、多くの刀匠が包丁や小刀、はさみなどの打刃物鍛冶に転向した。

関市に本社を置く三星刃物(みつぼしはもの)も、刀鍛冶だった渡邉善吉氏が1873年に創業した刃物製造の老舗だ。大正時代に東南アジアへ輸出を始め、1957年にはニューヨーク支店を開設するなど、時代を先取り海外進出に乗り出した。現在は、米国や欧州メーカー向けに包丁・ナイフ・洋食器のOEM(相手先ブランドによる生産)やキッチン商品の輸入販売、自社ブランド製品の製造販売を行っている。


刀鍛冶をしていた初代から数えて5代目の渡邉隆久社長。海外展開、オリジナルブランドの構築などを推進している(写真:三星刃物)

現在5代目社長を務める渡邉隆久氏は創業者のひ孫にあたる。4人姉弟の末っ子で唯一の男の子という生まれで、大学を卒業してから米国とドイツに留学し、住友商事での勤務を経て三星刃物に入社した。

幼い頃から父の跡を継ぐのだと疑うこともなく育ったという渡邉社長だが、入社した1980年代後半は2度のオイルショックやプラザ合意によって日本経済が超円高に見舞われ、会社経営も困難を極めていた。円高によるコスト増を抑えるために、1987年に中国・深圳に工場を設立したが、工場の周囲には何もなく地平線が見えるような所だった。

「当時の中国では毎日のように“想定外”の出来事が起きた」と渡邉社長は振り返る。まず、工場を立ち上げると事務作業などを自動で行う自動機が使えないことが判明。敏感なセンサーがホコリなどに反応して機械が止まってしまうためだ。修理ができないので2、3日ラインが動かず、人を雇うほうがよいということになり、手作業で仕事を進めることになったという。

旧正月の土産用に商品を盗む、警備員と結託する…

問題はそれだけではなかった。現地スタッフの倫理観の違いにも翻弄された。あるとき、製品と在庫をチェックしていると、不良率を考えても商品が相当量足りないことが発覚した。調べてみると、当社のスプーンが近隣の商店で売られ、レストランでも使われていることが判明。驚くことに、従業員が工場から持ち出して売っていたのだった。

また、寮を調べたところ大量に製品が見つかったのだが、旧正月の前には地元への土産が必要なので盗難が増えるというのだ。そこで警備員を雇ったものの、逆に警備員と結託してしまう事態も起きた。従業員が材料仕入れで勝手に中間マージンを抜いていたこともあった。

なかなか黒字化しない中国工場の採算改善に本腰を入れたのは1990年代。中国の工場では日本で半製品にした物の最終加工を行っていたが、中国での一貫製造に挑むこととした。輸送コストの削減に加え、将来を見据えると中国での生産能力向上は必須と考えたからだ。

ただ、一貫製造となると従来の加工作業とは勝手が違うことから、刃物製造の経験がある生産者を探す必要があった。中国の『三国志演義』には「青龍偃月刀(せいりゅうえんげつとう)」が出てくるのだからどこかで刃物を作っているはずだと思って聞いて回ると、「陽江(ヤンジャン)」だという。ところが、深圳と同じ広東省にあるにもかかわらず、10時間以上もかかってようやくたどり着き、なんとか生産者を見つけて1996年に工場を建設した。

技術やデザインを現地スタッフに教え生産は軌道に乗ったが、トラブルは絶えなかった。地方政府から理不尽な罰金や賄賂を要求され、それを断ると材料の輸入が止められるなど、日本では考えられないような問題が相次いで起きた。「そのたびに悩み、学び、スタッフと努力して助けられて、今日がある。生産が軌道に乗ったことで中国人パートナーにも感謝された」と渡邉社長は振り返る。

自社製品事業は社長夫人のパン教室がきっかけに

三星刃物の主力事業はOEMだが、有力メーカーからの受注を狙っても価格差で他国の企業に取られてしまうことも多かった。そこで、メーカーとしての生き残りを懸け2011年に始めたのが自社ブランド包丁「和NAGOMI」シリーズの製造販売だ。同事業に踏み切ったのは、「妻が開いているパン教室で、生徒さんに『なぜ三星ブランド製品を勧められないのか』と聞かれたこともきっかけになった」(渡邉社長)といい、意外なところから背中を押された形だ。


「刃物の町」関市で1873年に創業。戦前から海外進出を進めるなど、時代を先取りしてきた(写真:三星刃物)

現在は自社ブランドで家庭用の三徳包丁からパン切り、ケーキナイフまで幅広く展開。デザイン、バランス、使い心地や切れ味、メンテナンス、置き方に140年間の歴史の中で培った技術を生かし、一本一本、職人が手造りしている。新聞や紙やすりで研ぐだけで切れ味が戻るのも特徴だ。

フランスで活躍する著名な日本人シェフもその仕上がりを絶賛するなど、一流シェフたちにもたいへん高い評価を受けている。「自分たちが心を込めて作った製品に対するお褒めの言葉をいただくことで、弊社のスタッフも『ものづくり』の喜びを感じることができている」(渡邉社長)と、OEMにはない喜びもあるようだ。

自社ブランド製品の売り上げは、全体に占める割合とすればまだ決して大きくはない。ただ、三星ブランド製品を使う料理人や主婦が国内外で増えれば、より「ものづくり」の喜びが得られ、さらなるよい製品が出てくるという好循環が生まれるかもしれない。