小倉優子、離婚後に長男から言われた言葉とは? 再婚の可能性にも言及

写真拡大

東野幸治がMC、川田裕美がアシスタントを務める『1周回って知らない話』(日本テレビ系、毎週水曜19:00〜)。10月25日放送回に、タレントの小倉優子が登場し、過去の仕事ぶりを反省する。

同番組は、テレビで当たり前になりすぎて、今さら誰も聞かないが故に、“今どきの視聴者”が知らないことを本人に直接聞いていく“新感覚芸能バラエティ”。「そもそも何者?」「なぜ芸能界で恐れられているの?」「一体何がすごかったの?」「結局何がしたいの?」「なぜ結婚しないのか?」など、失礼にも聞こえる今どきの視聴者の疑問を本人にスタジオでぶつけていく。

17歳の時にスカウトされたことをきっかけに、“こりん星”からやってきたという不思議キャラでデビューし、10年後に結婚した“ゆうこりん”こと小倉。2人の男の子のママになるも今年の3月に離婚。しかし今では、手料理や子育ての様子を載せたブログの閲覧数は1か月で2000万回以上、料理のレシピ本は3冊累計で26万部の大ヒットと、調査によると“今一番応援したいシングルマザー1位”に選ばれるほど支持を得ている。

そんな小倉に今どきの視聴者たちが「本当にちゃんと子育てできているの?」と疑問に思っていることをぶつける。離婚後、約半年で70本以上のテレビに出演している小倉。離婚後の心境について東野に聞かれると、「今までは“ちょっとどうかな“と考えた仕事も全然ありがたい」と感謝する。かつて10年ほど一緒にレギュラー番組をしていた東野は、この変化に驚く。以前のやる気のない様子を東野が明かすと、「今だったら考えられないです」と小倉が反省の態度を見せる一幕も。

「真面目にコツコツ1つ1つ頑張っていこうと思っている」という小倉だが、育児と仕事をどのように両立させているのか。番組では彼女の一日に密着。早朝からメイクバッチリでスタッフを出迎え、子どもたちとの朝食、お弁当作りに大忙し。さらに、この日の仕事先は、小倉自ら営業したという。これには一緒にいたマネージャーもタジタジに……。

夕方、親友のギャル曽根が子どもを連れて小倉の自宅を訪問。仕事をシビアに見極める小倉の将来設計には、ギャル曽根も驚きを隠せず。スタジオでは、東野が再婚について質問すると、小倉から「離婚について話した時の長男の意外な返事」が明かされる。さらにテレビにイケメンが出ると長男が小倉にあることを言うというが、その言葉とは。