「あるく保険 スペシャルサイト| 医療保険 | 東京海上日動あんしん生命保険」より

写真拡大

 2018年には生命保険の保険料が上がるかもしれない。それも、同分野で今一番売れているといわれる医療保険やがん保険の保険料がだ。すでに終身払いで入っている人に影響はないが、これから新たに加入を考えている人は頭の隅に入れておこう。

 なぜ、保険料が上がる(ものによっては下がる)のか。一口にいえば、日本が長寿化しているからだ。厚生労働省が発表した「平成28年簡易生命表」によると、男女それぞれ10万人が出生した場合、65歳まで生存する人の割合が男は89.1%、女は94.3%だという。男女ともに9割近い。

 同様に、90歳まで生存する割合は男が25.6%、女はなんと49.9%。女性の約2人に1人は90歳まで生きている計算になる。さらに95歳までとなると、男9.1%に対し、女は25.2%で4人に1人と、かなりの生存割合だ。政府も対策に乗り出した「人生100年時代」は、間近な未来だったのだ。

 長生きする人が増えるということは、早く死ぬ人が少なくなるわけだから、亡くなったときに多額の保険金を支払う件数が少なくなるだろうし、逆に病気のリスクは増大するため、保険金支払いの回数が増えると考えられる。こうした長寿社会の状況を受けて、保険業界では「標準生命表」が改訂される予定だ。

 これは、先ほどの厚労省の簡易生命表とは意味合いが異なる。保険会社は、「経営が苦しくなって保険金が払えない」という万が一の事態を避けるために、責任準備金を積み立てなくてはならない。その準備金を算出するための予定死亡率として使われるのが、日本アクチュアリー会が作成する「標準生命表」だ。

 2018年4月に改定が予定されている同表によると、最終年齢は男性116歳、女性118歳という設定になる(医療保険など第三分野に使われる数字)もようで、これをベースに準備金を積み立てていくとなると、保険会社にこれまで以上の負担が生じる可能性がある。

 そのため、特に終身払いの医療保険料が上がると予想されているのだ(定期保険や収入保障保険などの死亡保障に関する保険は、逆に下がるともいわれている)。そこで、保険の新しい動きとして注目されているのが「インステック」である。

●同年齢でも健康な人ほど保険料が安くなる?

「ファイナンス」と「テクノロジー」を掛け合わせた「フィンテック」という言葉は、一般的に使われるようになってきた。同様に、「保険」と「テクノロジー」を組み合わせた造語が「インステック」(インシュアテックともいう)だ。

 ビッグデータや人工知能(AI)の活用をはじめ、保険各社でさまざまな取り組みがスタートしている。医療ビッグデータを基にしたリスク度解析で保険料を設定する、つまり病気リスクが低いほど保険料を割安にできる商品も登場している。

 第一生命保険グループのネオファースト生命保険は、生活習慣病での入院を保障する医療保険「ネオde健康エール」などで、独自の「健康年齢」という算定方式を取り入れている。健診データなどを解析し、検診項目の数値から将来の疾病発生リスクを分析、保険加入希望者の健康年齢を独自に割り出すものだ。

 加入時には血圧や血中脂質・血糖値などの健診データの提出が必要で(同社のホームページ上でも試算ができる)、健康年齢が実年齢より若いほど保険料が安くなるのが売りだ。

 これまで、医療保険といえば年齢ごとに一律の保険料が適用され、一般的に年齢が高いほど金額も高くなるというのが常であった。そこに「健康年齢」という概念を持ち込んで、同じ年齢でも保険料に差をつけるという考え方だ。このタイプの保険は、今後もっと増えてくるだろう。

 この保険設計には、2つの意味がある。ひとつは、疾病リスクが少ない人を多く集めたほうが保険会社としては支払いを減らすことができ、安定収益につながるということ。もうひとつは、加入者がより健康を意識するようになり、定期検診の受診や健康増進に積極的に取り組むことで継続的に疾病リスクを抑えられるということだ。

 先に述べたような長寿社会にあって、「健康増進」は保険会社にとっても一大テーマだ。第一生命では健康増進アプリ「健康第一」によって、毎日の食事を撮影して送信するとカロリーや栄養に関するアドバイスが受けられるなどの契約者向けサービスも提供する。

 もともと健康体の人に加入してもらい、さらに積極的に健康維持に取り組んでもらえば生活習慣病を予防でき、結果として保険金を支払う回数が減ると想定される。保険会社にとっては、ありがたいはずだ。

 また、東京海上日動あんしん生命保険の医療保険「あるく保険」は、加入者にウェアラブル端末を貸与し、スマートフォンアプリとの連携で1日あたりの平均歩数目標8000歩が達成されたかどうかを判定する。そして、達成状況に応じて健康増進還付金(キャッシュバック)を支払うという商品だ。

 このように、「健康増進保険」というジャンルは競争のスタートが切られつつある。

●疾病リスクが高い人は保険に入れなくなる?

 インステックによる保険の多様化は、ほかにもある。医療データの解析が進んだ結果、これまで保険の引き受けができないとされてきた条件の人でも、一部は加入可能と判断される例も増えてくるという。また、スマホやウェアラブル端末を利用して血圧などの健康データを蓄積し、予防医療に活用する取り組みも進むだろう。

 自動車保険にも、カーナビなどを通じて運転情報を収集し、安全運転のスコアが高い人ほど保険料を下げるなどの「テレマティクス保険」が今後は増えてくる。同様にスマホアプリの活用も進むだろう。

 損害保険ジャパン日本興亜の「安全運転割引」は、アプリを使って運転診断を行い、その結果によって自動車保険の割引率を算出するという仕組みだ。インステックによって、保険商品はセミオーダーやパーソナライズが進み、リスク細分化が加速する。

 しかし、これが進むと「リスクスコアが高い人は、いつか保険に入れなくなるのでは?」という疑問も頭をもたげる。保険会社にそのような質問を投げかけてみても、今のところ明確な回答は難しいようだ。

 インステックが進み、仮に自分が「疾病リスクが高い」と判断されたら、どうするか。ブラックな話になるが、「自分は長生きしそうにない」と頭を切り替え、その前提で老後資金計画を立てるというのも、ひとつの考え方かもしれない。長生きしてもしなくても、将来への不安は変わらない。

 長寿社会が進み、死亡率は下がる一方、病気にかかる可能性はより高まる。そのため、医療分野の保険料は今後も上がり続けるだろう。その負担を抑えるためにできるのは、若いころから適正な栄養管理を行い、適度な運動を欠かさないことだ。

 ただし、その場合、せっかく保険に加入していても、優等生的に日々健康を維持しているがゆえに、「肝心の保険金はなかなか受け取れない」という皮肉な話になるかもしれないが。
(文=松崎のり子/消費経済ジャーナリスト)