明治通りとキャットストリートの交差地点に、2017年4月にオープンした『渋谷キャスト』。

ショップやオフィスが入る、このビルの13階から16階には80戸の賃貸住宅があり、13階には新しい生き方を模索するコミュニティがある。

一体、どんな人々が暮らしているのか? 4名の住民に聞いた。


-まず、『渋谷キャスト』について教えてください。


藤代「ここは東急グループが進める渋谷再開発プロジェクトのひとつです。オフィスやレストラン、イベントスペースやシェアオフィス、レジデンスなどの複合ビルになります」

神田「14〜16階は一般の方も入る賃貸住宅なんですが、13階は“新しい生き方”を模索するためのコミュニティ『Cift』としての役割も持っています。現在、19部屋に38人が暮らしています。全員がクリエイターというのが特長です」



藤代健介氏
大学院在学中に場のデザインコンサルティング会社prsm設立。大規模開発のコンセプトデザインや東日本大震災被災地でのコミュニティーデザインなどに多重的に携わる。世界経済フォーラムのGlobal Shapers Communityに選出され、2016年度東京ハブのキュレーターを務める

-確かに、皆さん、肩書きが普通じゃないですね。


丸山「今日の4人だけでも、かなり異質ですよね(笑)。僕は『旅する美容師』として、渋谷とカンボジア、シンガポールに拠点を持っていて、ここでは、部屋をビューティボックスにしています。住人の髪や美容についてのアドバイスや実際に施術をすることもあります」

神田「私はファブガール(製造、組み立てを意味する「Fabrication」と「Fabulous」のダブルミーニングで楽しいモノづくり、の意味)として、3Dプリントでモノづくりを行いつつ、会社経営などをしています。私たちの他にも、映画監督やデザイナーなど、多種多様な人が一緒に暮らしているのが特長ですかね」



丸山 裕太氏
ヘアメイクアップアーティスト。年の3分2を海外で過ごし、旅する様に働く美容師として新しい働き方を実証。株式会社美ショップジョージ、ヘアーラウンエゴ、国際美容ボランティア協会 代表、青年版国民栄誉賞受賞、カンボジアに美容学校設立中

-普段はどのような生活を?


石山「共有スペースがあり、帰ってくれば誰かいて、一緒にごはんを食べたり、語らったりしています。加えて、皆で仕事を受けたり、企業のコンサルをすることもあります。会社でも住居でもない、新しい共同生活体ですね」

神田「私は子育てをしているんですが、保育園の帰りにキャストに来て、ごはん食べて、みんなに遊んでもらったり。他にも子連れの方がいるので、補い合いながら、都心での子育てをしています」



神田 沙織氏
1985年生まれ。3Dプリントサービス運営、「ものづくり系女子」活動を経て株式会社wip設立。著書に「3D Printing Handbook」。2015年、独創的なICTへの挑戦者を応援する総務省「異能vation」プロジェクトに選ばれる

-仕事を受ける、というのは具体的にどのようなことなのでしょう?


藤代「現在は、大手メーカーさんとお仕事をしています。例えば、このような暮らし方を嗜好する人達を対象にした市場開拓や商品開発などですね」

石山「会社員というよりは、比較的自由に動ける人が多いので、都度最適なメンバーをアサインしていけるのも強みですね」


彼らはなぜ、『渋谷キャスト』に住み、何を求めているのか?



彼らが暮らす部屋の一例。ゆったりした間取りが特長。基本的に部屋は開けっ放しにしており、住民同士が行き来するというから驚く

-どうして、このような皆様が集まったのでしょうか?


藤代「もともと僕がこのプロジェクトのコンサルをしていた流れで、13階に住むことになり、知り合いのクリエイターに声をかけていきました。『Coファミリー』と呼んでいますが、拡張家族であり協同組合でもある、共に暮らし働くスタイルを模索中です。

核家族化とサラリーマン化が進む時代の中で、大きな家族と小さな組織に還っていく生き方です。石山さんも僕の考え方に共鳴してくれた一人ですね」

石山「私は、シェアリングエコノミーという概念を広める活動をしていく中で、今の社会に人との人の繋がりの重要性が増していることに気づいたんです。

これまでは家族や恋人が、そうした幸せを感じる人間関係の最たるものでしたが、今の世の中は必ずしもそれだけが全てではない、と。むしろ、新たな繋がりを持つ新しい生き方、というものに興味を持ったんですね。

物質的に豊かだけど、一方で幸せを感じづらい。そんな都会の真ん中で、新しい体験ができるってスゴく面白いな、と思ったんです」



石山アンジュ氏
世界各国のシェアサービスを体験し、新しいライフスタイルを提案する、政府公認内閣官房シェアリングエコノミー伝道師。シェアリングエコノミー協会渉外部長、クラウドワークス経営企画、他に総務省地域情報化アドバイザーなど兼任。実家がシェアハウス。生粋の“シェアの申し子”

-なぜ、渋谷なんでしょうか?


藤代「そうですね。311以降、日本中に新しい暮らしを求めるコミュニティは生まれつつあります。田舎に移住して、自分たちで開墾して、自給自足してという形です。

地方だと、それだけで完結してしまうけど、渋谷でそれをやることで、社会に対しての投げかけができると思っています。大手企業とコラボしたり、市民が自分たちの生活から街づくりに関わるようになったりすることができます。

また、渋谷は市民が新たな試みに挑戦しやすい場所です。企業や行政も柔軟で、市民の活動をよりインパクトの大きいものにしてくれるのが醍醐味ですね」

石山「渋谷って東京の中の唯一の都市という感覚があります。新旧のビジネス、ファッションにカルチャー、そして外国人にとっての観光地でもある。全てが完結している街だからこそ、新しい試みがしやすいんだと思います」

丸山「渋谷って、やっぱり発信する場所ですよね。世界の都市を見れば見るほど、渋谷は常に何か文化が生まれ、発信している。だから、僕らが実験台になって、また新しい文化、生き方を発信できるのはとても楽しいですね」



テラスからは渋谷の景色が一望できる。住民同士のパーティーも頻繁に開かれているそう

-この実験を通じて、一番伝えたいメッセージは?


藤代「シェアハウスとかコーワキングスペースってゆくゆくは自立したい人たちが集まるイメージがあります。そうではなくて、自立した人同士があえて一緒に生きることはとても豊かである、ということを伝えたい。

時間や収入やスキルがある人が共にいることで、助け合い、大きな夢を見ることできるんです」

-長く東京のカルチャーを牽引してきた渋谷だからこそ、斬新な文化が生まれる。渋谷発の “新しい生き方”に、今後も注目したい。




SHIBUYA CAST

賃貸住宅は1Rから3LDKタイプまで80戸。現状、13階について、一般募集は行われていない。14階から16階については空室が出次第、専用サイトにて更新。

1階には『THE RIGOLETTO』などの人気の飲食店やシェアオフィス、カフェなどもあり。建物前の広場では、頻繁にイベントも行われている。


Photos/Osami Watanabe



本日発売の月刊誌「東京カレンダー12月号」は一冊丸ごと、渋谷特集!

大人が再び「渋谷」に行きたくなる情報だけ掲載!


渋谷は若者だけの街じゃない!大人が本当に使える渋谷の情報は最新号「東京カレンダー12月号」に!

恵比寿、表参道には行くけど、最近、渋谷に行っていない、そんな大人に捧げる保存版・渋谷パーフェクトバイブルだ!

【月刊誌のお求めは・・・】
・最新号をすぐに手に入れたい方はこちらからお求めください!
・大好評!「定期購読プラン」がとにかくオススメ!
雑誌とデジタル版の両方が楽しめて、なんと最大半額!!あなたも、定期購読で『東京コンプリート』を目指そう!

※リンクはFujisan.co.jpに移動します。
※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。今月は10/21(土)!