画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●「ThinkPadの父」に聞く、現在過去そして未来 その2

ThinkPadが2017年の10月5日で25周年を迎えた。今回はそれを記念して日本IBM時代からThinkPad開発に携わり、「ThinkPadの父」とも呼ばれる内藤在正氏(現レノボ・ジャパン取締役副社長研究開発担当。以下敬称略)のインタビューをお届けする。

無線技術や入力デバイスといったさまざまな技術的観点から、これまでの歩みとこれからの「PCの行く末」を語ってもらった。第2回はThinkPadの"こだわり"としてかかせないキーボードの開発話に加えて、入力インタフェースのこれからについて聞いた。

○「ゆずれないポイント、ナンバーワン」のキーボード

――ThinkPadの中で「キーボード」はどういう位置付けだったのですか?

内藤:IBMはタイプライターを製品としていたこともあって「キーボードはこうあるべき」だと考える人が多く、キーボードのプロであるという自負を持った人たちの流れを汲んでいるので、ここは譲れないという部分がありました。

見かけは他社の製品と同じように見えても、我々は異なる点に着目して開発しています。キーボードの中にあるゴムのキャップが、どうしてこのようなカタチでなければならないのかを理解して作っています。

キーボードの「トラベル」(ストローク長)はかつて、4mm程度ありましたが、いまでは1.8mm程度に短くなりました。しかし、文字を「入れた」らちゃんと「入れた」と分かるような反応があり、かつ、長い間使っていても、指が痛くなるようなことはない。そういうしっかりと入力できるキーボードを搭載するということは、ThinkPadとして「譲れないポイント、ナンバーワン」といってもいいでしょう。

――それで毎回設計に力を入れているということになるわけですね。

内藤:一番のポイントは土台の部分なんです。ここをしっかりと設計しないと、キーボードの部分だけをどれだけやってもダメなんです。1990年台のモバイルPCは、バッテリ技術などが未発達だったこともあって、大きくて重いですよね。

例えばThinkPad 600のキーボードが「最高だった」と言ってくださる方がいらっしゃるのですが、それは電池の上にキーボードがあって土台部分がしっかりとしていたからです。

PCの軽量化が進んで、中の部品が軽く、そして小さくなると、ガッシリとした面がなくなってしまった。すると、同じキーボードを乗せても、キーによって、下の部分のたわみが変わってきて、微妙に押し加減が変わってしまう。使っている人が違和感を持ってしまうということがありまいた。

一時期、いろいろとご指摘を頂いたこともありました。そこでキー1つ1つを押してストロークと力の加え方がどのキーも同じになっているかどうかを調べるロボットを導入して、調査するといったやり方を取り入れました。

単に部品としてのキーボードの良し悪しだけでなく、筐体にいれたときの「トータルシステム」としてキーボードを考えなければダメなのです。いまではまたキーボードにかなり自信を持っています。

――つまり、土台部分の剛性が必要だと。

内藤:そうです。現在では、軽量化のためキーボード自体もガッチリしたものではなく、かなり薄いものになってきていて、その下の部分と組み合わせでしか、たわまないようにできないのです。いまのキーボードは、キートップとキートップの間に「桟」が入っています(注1)、本来はこうしたキーボードは搭載したくなかったのですが。

※注1:いわゆるアイソレーションキーボードのこと

しかし、ある程度まで筐体やキーボードが薄くなったとき、このような構造にしないと、剛性を保つことが困難になったのです。個人的には、昔のようにキートップが隣り合っているタイプの方が好きなのですが、薄型軽量とキーボードの剛性を成立させようとすると、それしか方法がありませんでした。

●研究者が持ち込んできたトラックポイント

○研究者が持ち込んできたトラックポイント

――ThinkPadというとやはりトラックポイントも特徴の1つですが、ThinkPadを構想していた段階で、すでにこうしたものを付けることを考えていたのでしょうか?

内藤:ThinkPadを開発していたとき、他社もノート型PCに取り組んでいて、やはりマウスに代わる新しいポインティングデバイスを模索していました。当時は、部品メーカーなどもいろいろなポインティングデバイスを開発していましたね。

その中で、比較的操作性が良かったのがトラックボールだったのですが"ボールの大きさよりも本体を薄くできない"という構造上の問題がありました。かといってボールを小さくすると、操作性が悪くなってしまうため、採用にはいたりませんでした。

そんなときに、IBMのアルマデンリサーチ(注2)にいたテッド・シェルカー(注3)という研究者が「ぜひ使って欲しい」とアメリカから持ってきたのがトラックポイントの原型です。

※注2:Almaden Research Center:米国カルフォルニア州サンノゼ市にあるIBMの研究所。現在はIBM Research - Almaden

※注3:Ted Selker(Edwin Joseph Selker)氏、IBMのAlmaden Research CenterでUser Systems Ergonomics Research labを発足させ、トラックポイントを考案

トラックポイントというのは、実際には動かず、加えられた力による歪みを測定しているのですが、周囲のゴムキャップが変形して、ユーザーにはトラックポイント自体が動いているように感じられます。ゴムの感触で、使った印象が大きく違ってしまうため、さまざまなものを試しました。

当時は、飛行機にナイフを持ち込むことができたので、彼らは日本に来る飛行機の中で、20種類ぐらいの「ゴム」を切って、試作品を作ってきました。その中で一番感触がよかったのが、実はローラースケートの車輪に使われていたゴムだったのです。

トラックポイントの開発でも重要だったのは、制御のアルゴリズムでした。押し始めたときには加速度を付けて速く動くようにして、力が緩んだら、目標の場所に近付いたということになるので、逆の加速度をつけてゆっくり動くようにするといった制御ができないと、使いやすいものにならないのです。このアルゴリズムは、ニューヨークにあるIBM研究所で作られたものでした。

――ThinkPadでは、最初からトラックポイントを採用すると決めていたわけではなく、開発中にタイミング良く、研究していた成果が入ったということでしょうか?

内藤:そうですね。もっとも、シェルカーは、ThinkPad向けにと考えていたわけではなく、モバイルコンピュータ用のポインティングデバイスということで研究をしていたのですが。

――他社のPCでも、トラックポイントに似たものがありますが、特許として引っかからないのでしょうか?

内藤:他社の製品の中には、トラックポイントそのものを我々から購入しているものがあります。特許自体がまだ有効かどうか、確認しているわけではないのですが、トラックポイントの特許は、GHBの3つのキーに囲まれたところにあるというのと、加速度の制御アルゴリズムが重要だと記憶しています。

○タッチやペンはこれから搭載必須の方向へ

――タッチやペンといった入力デバイスについてはどうでしょう?

内藤:以前は、タッチ操作はクラムシェルに不要と思っていたこともあったのですが、私自身がいまThinkPad X1 Yogaを使っていて、タッチで操作しています。やはりタッチに慣れてしまうと、タッチのないマシンを使ったときに、指で画面をスクロールさせようとして「あれっ」と思うことがあります。いまは、すべてのマシンにペンやタッチは装備されていませんが、将来的には、すべてのマシンでタッチやペンが使えるようになるのではと思っています。

――そうなると、ノートPCの形状にも影響があるのではないでしょうか? 例えばペンを使おうとすると、X1 Yogaのように360度までディスプレイが回転するまでいかなくても、少なくとも180度まで開かないと使いにくいとか、あるいはキーボード部が取り外せるようになっていなければならないとか。

内藤:もちろんそういう影響は出てくるでしょう。ThinkPadは、ペンが使えるかどうかにかかわらず180度開くようになっています。私は、朝ベットで横になりながらメールを読むのにタブレットを使っているのですが、軽いスレート(タブレット)を使いたくなるような用途は確実にあるわけです。

通常のクラムシェルだと使いにくい場面もあります。キーボードをはずして軽くして使うという方法もありますが、本来的には、外す必要がないぐらい本体が軽くなるべきだと考えているので、「薄くする」「軽くする」という方向は、これからも追求していくべきテーマだと考えています。

タブレットに変形する2in1でも、十分軽くて重さが気にならないようになる可能性もあるでしょう。ただ、そのときになったとしても、キーボードを外すともっと軽くなる可能性があるわけで、悩ましい部分です。

●周辺デバイスの活用方法は変わっていくのか

○周辺デバイスの活用方法は変わっていくのか

――少し話題が変わって周辺デバイスについてお聞きします。かつて、ThinkPadでは、液晶の上部にカメラやマイクを接続して一体化するような試みがありました。他社でも、専用オプションと一体化するような製品がありました。このような本体と合体して一体になるような周辺デバイスというソリューションは今後もありうるのでしょうか?

内藤:ThinkPadでかつてやったのは、カメラがまだ大きくて内蔵できなかったときに、テレビ電話やオンライン会議など、カメラとPCという組合せでいろいろとできることがあったので、あのようなカタチの周辺機器を出しました。ただ、どちらかというと「苦肉の策」でした。

私としては、もうやりたくない方法です。もちろん、あのころにどうしてもカメラが欲しいという人にはよかったのですが、カメラが小型化して内蔵できるようになると、無用になってしまいました。

私としては、インタフェースとして業界標準化したものを付けていきたい。デファクトでないものを採用するなら相当の覚悟がいる。そうしないと、結局お客さまに迷惑をかけてしまうことになります。

――カメラといえば、奥行きを取得できる3DカメラをPCやスマートフォンに搭載する例があります

内藤:3Dのカメラについては、3Dカメラそのものよりも、取得した3D情報を利用するアプリケーションに「キラーアプリ」がないというのが現時点での問題でしょう。テレビ会議の場合に、奥行き情報を使って、乱雑な背景を隠すといった応用などもあるのですが、キラーとまではいかない。

逆に3Dのキラーアプリが出てくれば、3Dカメラは普及することになるとは思うのですが。また、普通のカメラで3Dの画像を取得するといったことも不可能ではなくなってきました。ある程度解像度が高く、ソフトウェア処理の負荷に耐えられるなら簡単な3D情報をカメラ画像から得ることも可能なので、必ずしも3Dカメラが必須になるとはいえません。

――音声入力用のマイクについてはどうでしょうか? PCで録音すると、キーボードやペンの操作音が筐体を伝わってマイクに入ってしまって録音が聞きにくくなるようなことがありましたが。

内藤:特定の種類の音であれば、ソフトウェアの処理でその音を消すようなことが可能になってきました。かつては、テレビ会議などで、誰かがPCでメモを取り出すと、キーボードの音が流れてしまって、話が聞きにくくなっていたのですが、最近の機種では、テレビ会議中は、打鍵音を下げるように工夫されています。まだペンを使ったときの音は対策していませんが、これも問題になるようなら、そのうち抜く処理が入るようになるでしょう。

いまマイクロフォンで悩んでいるのは、ディスプレイを開いているときにも閉じているときにも話しかけたい、遠くからも話しかけたいといったように利用する場面が広がりに合わせて、どこに取り付けるのがベストなのかという点です。

スピーカーについても同じです。2in1のようにタブレットにした場合とクラムシェルにした場合、縦と横の方向など、さまざまな向きで使うとなると、どこがいいのかは難しい問題です。両サイドに付けるという漠然とした案もあるのですが、スピーカーとマイクがどこにあるべきか、もう少し研究する必要がありそうです。

――センサーの活用についてはどのように感じていらっしゃいますか? 最近のPCには、明るさや地磁気センサーなどが搭載されていますが。

内藤:センサーに関しては、すでに多くのものが搭載されていて、現時点では、十分ではないかと感じています。さらにセンサーを搭載するなら、使う理由が明確である必要があるでしょう。

例えば、一部のスマートフォンが搭載していてPCに搭載されていないものとして、気圧センサーがあります。階段の昇降などを検出することができるのですが、まだ「キラー」となる利用方法がない。あまり沢山搭載しても、使い道がなければ、どうしようもない。これからどんどん増えるのかというと、そうではないでしょう。

最近ではゲイズ(注視。いわゆる視線入力)もあるようなのですが、ビジネスだと、テレビ会議のような使い方でないと、あまり使われないデバイスです。どちらかというとビジネスではあまり好まれていないようです。

イベントで「カメラのところに付箋を貼ったことがある人、手を挙げて」というと、多くのビジネスパーソンが手を挙げます。ホテルの部屋でラフな服装でくつろいでいるときなどに、テレビ電話がかかってきたとき、できれば、カメラをオフにしたくなります。「見られている」という感覚は場合によっては、好まれないことがあるのです。

カメラを使って視線でカーソルをコントロールするのは、特定の使い方を除けば、あまり普及しないと考えています。目を入力装置として使うことに無理を感じるからです。マルチディスプレイ環境で、ユーザーが見たディスプレイにカーソルを移動させるという使い方はあるかもしれません。当社でも実際に試作したことがあります。しかし、ディスプレイの中でカーソルを視線で動かすのは、精度の問題もあり、一般への普及は難しいと思います。