トヨタ カローラフィールダー/カローラアクシオ新車情報・購入ガイド
安全装備は向上するも、歩行者検知はできず・・・【ニュース・トピックス:トヨタ】

写真拡大

<h2>トヨタ カローラアクシオ/カローラフィールダー新車情報の目次</h2>



<お勧め記事>

<font size="4"></font>

<h2 id="01">■トヨタを代表するカローラシリーズ</h2>

 トヨタは、セダンのカローラアクシオとワゴンのカローラフィールダーをマイナーチェンジし発売を開始した。

 トヨタ カローラは、1966年に発売されて以来、長年トヨタの看板車種として存在感を発揮していた。しかし、プリウスが大ヒットしハイブリッド車が主流になると、カローラは徐々に存在感は失っていった。優れた低燃費性能が求められていたことや、セダンやワゴンといったジャンルの人気が無くなっていたことも理由のひとつだ。

 現行の11代目カローラは、2012年にデビューした。11代目カローラのコンセプトは「ビッグスペースコンパクト」。大きくなり続けていたカローラを、使い勝手のよいコンパクトセダンとするために、ダウンサイジングした。ボディサイズは小さくなっても、室内スペースは広くなった。また、安全装備に対しても積極的で、サイド&カーテンエアバッグを含む計6つのエアバッグを標準装備した。これは、今でもトヨタ車としては非常に珍しいことだ。

 しかし、2012年のデビュー時には、待望のハイブリッドシステムは搭載されなかった。顧客が望んでいたのはハイブリッド車ということもあり、販売台数は思うように伸びなかった。しかし、ついに2013年に待望のハイブリッド車が投入されると、低迷していた販売台数が一気に伸び、久しぶりに1万台を超える販売台数が数か月続いた。ハイブリッド投入時には、フィールダーの人気が高かったことが販売台数増に貢献していたのだ。

 そして、2015年の1回目となるマイナーチェンジでは、フロントフェイスを大きく変更し若々しいデザインに変更。同時にガソリン車とハイブリッド車の燃費をさらに向上。1.5Lガソリン車は23.4/L、ハイブリッド車は33.8/Lとしている。

 このマイナーチェンジでは、対車両のみの自動ブレーキを含む予防安全装備「トヨタ セーフティセンスC」が用意された。しかし、すでにマーケットは歩行者検知式自動ブレーキが主流になってきている状態だった。自動ブレーキの装着が遅れていたトヨタは、さらに性能面でも遅れてしまった。しかも、この当時は標準装備化もされていなかった。

<h2 id="02">■歩行者検知ができない自動ブレーキがイタイ・・・</h2>

 今回2度目となるマイナーチェンジでは、予防安全性能の向上が図られた。対車両のみの自動ブレーキなどで構成される予防安全装備「トヨタ セーフティセンスC」が全車標準装備化された。全車標準装備化されたことは評価できるが、歩行者検知式ではないため、歩行者との衝突を避ける機能が無い点は、かなり物足りない。すでに、ホンダはN-BOXで歩行者検知式自動ブレーキである「ホンダ センシング」を全車標準装備化しているくらいだ。

 また、駐車場などにおけるアクセルペダル踏み間違い時の衝突被害軽減に効果があるインテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)を新設定した。これも、用意されたことは評価できるのだが、もはや軽自動車でも当たり前になっている装備。装備化がかなり遅い。

 さらに、一部グレードでオプションという状況。カローラシリーズは、トヨタ車の中でも顧客の高齢化が進んでいるクラス。顧客層の年齢を考えれば、標準装備化するべき装備といえる。こうした安全装備のオプション化設定は、トヨタ車全体にいえることで、顧客や歩行者の安全が二の次という設定が目立つ。

 そもそも、クルマは扱いを誤れば人を殺める製品。過去、クルマで多くの命が失われている。現在、技術が進み人のミスを機械がカバーし、事故を未然に防いでくれる時代だ。それも、こうした装備が安価に提供できるようになっているのに、人を殺めることがある製品を生産し、利益を上げるメーカーが自ら積極的に標準装備せずに、オプション設定とし安全を顧客任せにするのは自らの責任を放棄しているようなものだ。売値ばかり気にする営業戦略では、いずれブランド価値も下がるだろう。

<h2 id="03">■アクシオにも、人気のW×Bが新設定</h2>

 外観デザインも変更されているが、軽い変更に止められている。フロントバンパーやグリルのデザイン変更により、スッキリとしたスポーティフロントフェイスになった。

 インテリアは、助手席側インストルメントパネルにメッキ加飾を施し質感を向上。カローラアクシオのHYBRID、1.5X、1.3Xのブラックのシート色に採用した。

 従来のカローラフィールダーには、 WHITEとBLACKの頭文字を掛け合わせたW×B(ダブルバイビー)と呼ばれるグレードがある。このW×Bは、なかなか人気グレードだったこともあり、今回カローラアクシオにも新設定されている。

 人気グレードW×Bのエクステリアデザインは、メッシュパターンの専用グリルを採用。スタイリッシュさを表現した。カローラフィールダーには、シルバー塗装を施したルーフモールを設定。のびやかさを演出。カローラアクシオには、リヤスポイラーを採用し、スポーティさを追求した。

 W×Bのインテリアは、シート表皮を変更。より、スタイリッシュな空間を演出している。シートデザインは、シートバックにグレーのストライプをアクセントとして使用している。

 カローラフィールダーで人気の専用シート色ホワイト(オプション設定)を、カローラアクシオにも採用した。

 ボディカラーは、W×B専用色としてブラッキッシュアゲハガラスフレーク(オプション設定)とセンシュアルレッドマイカ(オプション設定)を新設定した。

 機能面では、ハイブリッド車のエンジン、モーター、インバーターなどの制御を改良。これにより、デビュー時の燃費33.8/Lから34.4km/Lと向上させている。

<h2 id="04">■トヨタ カローラアクシオ/カローラフィールダーのグレード選び</h2>

 トヨタ カローラアクシオ/カローラフィールダーのグレード選び。まずは、セダンのアクシオかワゴンのフィールダーかという選択から。よほどセダンにこだわっているのでなければ、ワゴンを選んだほうが無難。セダンの人気は低く、リセールバリューも低い。また、ワゴンに乗っている方がアクティブで若々しく見えるというメリットもある。

 パワーユニットの選択。アクシオ、フィールダーともに、お勧めは1.5Lのハイブリッド車だ。これからクルマには電動化技術がドンドンと採用されていくことを考えると、今更ガソリン車を選ぶというのも微妙だ。フィールダーには、1.5Lと1.8Lのガソリン、1.5のハイブリッドが用意されている。ただ、車両価格が1.5Lガソリン車と比べると40万円前後違う。これだけ違うと、燃費さによるガソリン代で元を取るのは難しい。とにかく、経済性重視というのであれば、ガソリン車という選択になる。

 フィールダーに搭載される1.8Lガソリン車は、確かに多少パワフルだが燃費は16.6/Lと、あまりよくないので、あえて選ぶエンジンではない。1.5Lで十分だ。また、1.8Lだと自動車税も5,000円ほど高くなる。

 アクシオには、1.3Lエンジンがある。このエンジンも微妙で、最新の1.5Lエンジンが23.4/Lという燃費に対して、1.3Lは排気量が少ないのに1.5Lより悪い20.6/Lになっている。このグレードは、レンタカーやビジネス用といったグレードで一般向けではない。

 グレードはアクシオ、フィールダー共にGグレードをベースに選ぶといい。歩行者が検知できないタイプの自動ブレーキであるトヨタセーフティセンスCとサイド&カーテンエアバッグも全車標準装備なので安心だ。ただ、アクセルとブレーキの踏み間違えを防止するインテリジェントクリアランスソナーは、Gグレードより下のグレードだとオプション設定になっている。

 人気グレードのW×Bは、個性的な内外装デザインをもつ。より、若々しい雰囲気を求めるならW×Bという選択もありだろう。LEDヘッドライトも標準装備されているので、満足度は高い。

<h2 id="05">■トヨタ カローラアクシオ/カローラフィールダーの価格</h2>

■トヨタ カローラアクシオ/カローラフィールダー価格
●カローラアクシオ価格
・1.3X“ビジネスパッケージ” FF CVT 1,505,520円
・1.3X FF CVT 1,526,040円
・1.5X“ビジネスパッケージ” 5速マニュアル 1,487,160円
・1.5X 5速マニュアル 1,507,680円
・1.5X“ビジネスパッケージ” FF CVT 1,604,880円
・1.5X FF CVT 1,625,400円
・1.5X“ビジネスパッケージ” 4WD CVT 1,746,360円
・1.5X 4WD CVT 1,766,880円
・1.5G FF 5速マニュアル FF 1,716,120円
・1.5G FF CVT 1,861,920円
・1.5G“W×B” FF CVT 2,077,920円
・1.5G 4WD CVT 2,003,400円
・1.5G “W×B” 4WD CVT 2,219,400円
・HYBRID FF 2,073,600円
・HYBRID G FF 2,298,240円
・HYBRID“W×B” FF 2,482,920円

●カローラフィールダー価格
・1.5X“ビジネスパッケージ” 5速マニュアル FF 1,641,600円
・1.5X 5速マニュアル FF 1,656,720円
・1.5X“ビジネスパッケージ” CVT FF 1,759,320円
・1.5X CVT FF 1,774,440円
・1.5X“ビジネスパッケージ”CVT 4WD 1,900,800円
・1.5X CVT 4WD 1,915,920円
・1.5G 5速マニュアル FF 1,813,320円
・1.5G CVT FF 1,931,040円
・1.5G“W×B” CVT FF 2,170,800円
・1.5G CVT 4WD 2,072,520円
・1.5G “W×B” CVT 4WD 2,296,080円
・1.8S CVT FF 2,220,480円
・1.8S“W×B” CVT FF 2,341,440円
・HYBRID FF 2,229,120円
・HYBRID G FF 2,350,080円
・HYBRID G“W×B” FF 2,536,920円

この記事をCORISMで読む→