スピッツ『ロビンソン』は震災の日に収録された プロデューサーが語る名曲が生まれた日

写真拡大 (全3枚)

毎週土曜日朝8時から放送しているニッポン放送『八木亜希子LOVE&MELODY』。

10時からは『10時のグッとストーリー』として、番組が取材した「聴いて思わずグッとくるGOODな話」を毎週お届けしています。

スピッツ『ロビンソン』の創作秘話 プロデューサー・笹路正徳

今年で結成30周年を迎えたスピッツ。これまで数々のヒット曲を世に送り出してきましたが、1991年にメジャーデビューした当時はセールスに恵まれず、低迷が続きました。

いくらいい曲を作っても、結果を出さなければバンド活動を続けていけないと、1993年4月、初めて外部から招いたプロデューサーが、笹路正徳(ささじ・まさのり)さん。

プロデューサー・笹路正徳さん

日本の音楽シーンを代表する名プロデューサーとして知られ、当時プリンセス・プリンセスや、ユニコーンを手掛けていた笹路さん。バンドの方向性をむりやり変えるのではなく、メンバーが気付いていない長所を見付け、違った魅力を引き出していくのが笹路さんのプロデュース方針です。

依頼を受けるまで、スピッツのことをよく知らなかったという笹路さん。さっそく、それまでリリースした楽曲を聴いてみると「マサムネの書く詞はすごく文学的で、現代詩風というか、独自の世界観がありました」という笹路さん。そして、独特の透明感がある歌声。この二つがスピッツの大きな武器になると考えた笹路さんは、草野さんにこうアドバイスしました。

「マサムネは、ハイトーンに行ったときの声がいいんだから、それを活かさない手はないよ。高いキーで、もっと声を張って歌った方が、聴き手の心に響くと思うな」

実は、草野さんは自分の高い声があまり好きではなく、レコーディングの際もボーカルの音量を小さくしていたのです。笹路さんは逆に、それこそ君の魅力なんだと説得。それから草野さんは積極的に、ハイトーンを意識した曲を書くようになったのです。

空も飛べるはず

1994年にリリースされた『空も飛べるはず』も、サビの部分で音が一段高くなり、草野さんのハイトーンが存分に味わえる一曲です。2年後にドラマ主題歌となり大ヒットしますが、発売当時は小ヒットにとどまり、まだ本格的なブレイクには至りませんでした。

それでも、ライブの動員は徐々に増え、確かな手応えをつかんだスピッツのメンバーと笹路さん。そして翌年、あの名曲が誕生します。

『ロビンソン』レコーディングの朝、神戸を襲った震災

ロビンソン

1995年4月にリリースされた、11枚目のシングル『ロビンソン』。歌詞の中には一切、ロビンソンという人物は出てきません。このタイトルの意味を笹路さんに聞いてみると…

「私にも分からないんですよ。マサムネは新曲を書くと、よく適当な仮タイトルをつけていたんですが、『ロビンソン』もそうで、そのまま正式タイトルになったんです。『ロビンソン・クルーソー』を連想しますし、曲にすごく合ってるんじゃないですか」。 

この曲も、サビで「♪ルララ〜で、裏声になるところが最高ですね」という笹路さん。この頃、草野さんの歌唱力は格段に進歩。この曲もほぼ一回で、ベストテイクが録れたそうです。

『ロビンソン』は、バンド初のトップ10ヒットとなり、ミリオンセラーを記録。スピッツの出世作かつ、代表作となりました。この曲で印象的なのが、イントロのギターです。草野さんのボーカルを支える、バックの3人の確かな演奏力も、スピッツの魅力。

「あのアルペジオは、ギターの三輪くんが自分で考えてきたんです。あのイントロも『ロビンソン』が売れた、大きな理由の一つだと思います」。

と語る笹路さん。

優しい音色ながら、どこか愁いも含んだこのイントロ。実は、レコーディングされたのは、1995年1月17日・・・阪神・淡路大震災が発生した日でした。当時を振り返り、笹路さんはこう語りました。

「みんなで被災地の様子をTVで観ていて『レコーディングどころじゃないな』という雰囲気になったんですが、自分たちはやれることをやろうと、予定通り収録したんです。改めて聴くと、このイントロには、そんな思いがこもっていたのかもしれませんね…」

【10時のグッとストーリー】
八木亜希子 LOVE&MELODY 2017年10月21日(土) より

下の画像をクリックすると放送の様子をradikoタイムフリーでお聞きいただけます。

※画像をクリックしても再生されない人はこちら。

※ 2017年10月29日 午前5時までお聴きいただけます。
※ ニッポン放送radikoは関東地方でのみ視聴可能です。そのほかの地域の人はエリアフリーをご契約いただくと視聴が可能です。

[提供/ニッポン放送 八木亜希子LOVE & MELODY ・構成/grape編集部]