「パズル&ドラゴンズ」の新CMに嵐が登場

写真拡大

10月26日(木)より全国で放送開始となるスマートフォン向けパズルRPG「パズル&ドラゴンズ」の新CMに、引き続き嵐が出演することが明らかとなった。嵐の新曲「Doors〜勇気の軌跡〜」のカップリング曲「NOW or NEVER」がテーマソングに起用される同CMで、メンバーが“ワンカット”のダンスに挑戦している。

【写真を見る】櫻井翔主演“先僕”手描き黒板アート

モノトーンの燕尾服を着てステージに立つ嵐の5人。ダンスシーンは、途中でミスすると最初からやり直しになるワンカットということで、緊張感が漂う中、二宮和也の「じゃあ、行きましょう!」という合図で始まった。

メンバー同士が交差して、位置を入れ替えるシーンでは、お互いの距離がより近い方が見た目のインパクトが強まるため、常に相手とぶつかるかぶつからないか、スレスレのところを狙って踊っていった。

そんな紙一重のアクションに櫻井翔は「案外みんな攻めるよね(笑)」とうれしそうに告白。さらに撮影終了後、嵐のメンバーがインタビューに応じた。

――ダンスの中で大変だったところはどこでしょうか?

松本潤:パズドラをイメージした振りみたいのがあって、テンポが速いので、指で動かすところとか、みんなで合わせるのが大変でしたね。

二宮和也:テンポ速かったよね。

櫻井翔:映像で見ると結構メンバー同士の距離感が空いているけど、実際に踊っている時は近い距離なので、隣のメンバーに手が当たりそうになることもあって。そのバランスというか、距離感をつかむのがちょっと難しかったです。

二宮:慣れるまでがね(笑)。

櫻井:でも、僕らはジュニア時代を入れると、もう20年ぐらい一緒にいるので、それはホント上手にできました(笑)。

二宮:あ、うまくできたっていう話ね。難しかったって話かと思ったら(笑)。

松本:でも、1回だけ俺に(櫻井が)すごい勢いでぶつかってきた時があったよ(笑)。

――今回のダンスのポイントを教えてください。

相葉雅紀:指でドロップを動かしたり、スマホをタップしたりする振り付けは、みんなでまねできるポイントかなと思います。

櫻井:でも、今回僕ら振り入れしていても、なかなか覚える時間がかかったから、そう簡単にはまねできないかもよ。

相葉:いやいや、なんでそんな急にシビアになるの(笑)?

松本:覚えてくれたらうれしいよね。

相葉:そうそう。

――CMでアレンジして使用される嵐の新曲についてお聞かせください。

櫻井:このCM用に歌詞が一部変わっている箇所があるんですよ。「バトル」という言葉が入っていて、これがCDになるとまた別の言葉になっていて。

二宮:ちょっと斬新だよね。

櫻井:初めての経験だったかもしれない。

大野智:そうだね。今までなかった。

二宮:歌詞が変わるってことはなかったんじゃないかな。

櫻井:レコーディングの時、ビックリしなかった? CM用の歌詞お願いしますって言われて。

二宮:あ、そうなの、みたいな。でも、曲としてはその辺が結構こだわって作っているところじゃないかな。

櫻井:テンポが速くて、勢いというか、疾走感のある楽曲だなと思います。