【編集部コラム】浦和に差し込んだ希望の光、“デュエルマスター”長澤和輝

写真拡大 (全4枚)

▽浦和レッズに差し込んだ1つの光──チャンスを掴んだMF長澤和輝は、霧に包まれた浦和の希望となるかもしれない。

▽堀孝史体制になり、ここに来てパフォーマンスが向上して来た浦和。新体制におけるキーマンになりつつあるのが、長澤だ。

▽2015年12月にケルンから浦和へと完全移籍で加入。しかし、そのままジェフユナイテッド千葉へと期限付き移籍し、リーグ戦41試合に出場。Jリーグでの経験を積み、満を持して浦和へと復帰した。

▽しかし、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督の下では出場機械に恵まれず、層の厚いチームにおいて、競争にも参加できない時期を過ごす。時期を同じくして浦和に復帰したMF矢島慎也とともに、苦汁を嘗める時期が続いた。

◆監督交代がターニングポイントに
(C)CWS Brains,LTD.
▽長澤にとって、ペトロヴィッチ監督の解任はプラスに働いた。リーグ戦の出場はゼロ。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)も第2節のFCソウル戦の74分から途中出場のみと、試合に絡むことはほとんどなかった。

▽堀監督に交代してからも、出場機会はすぐには訪れなかったが、第24節の清水エスパルス戦で途中出場を果たし、J1デビュー。第27節のサガン鳥栖戦、第28節のベガルタ仙台戦と続けて途中出場を果たすと、ACLで結果を残すことになる。

◆上海上港戦で出色のパフォーマンス
(C)CWS Brains,LTD.
▽ブラジル代表FWフッキや同代表MFオスカルを擁する上海上港とのACL準決勝。長澤はアウェイでの第1戦に先発出場。すると、鋭い出足からの守備と粘り強さを見せ、チームのドローに貢献した。

▽そして迎えた第2戦。ここでも先発出場を果たした長澤は、出色の出来を見せる。インサイドハーフのポジションで出場した長澤は、第1戦と同様に激しい守備で上海上港の中盤を機能不全に。デュエルの強さを見せ、浦和の中盤を支えていた。

▽さらに、攻撃能力の高さをみせ、1トップの興梠慎三に絶妙なパスを何度も供給。攻守にわたる活躍で、浦和の10年ぶりの決勝進出に貢献。[4-1-4-1]にシフト変更した浦和にとって、欠かせないピースとなった。

◆J1でもチャンスを掴む

▽そんな上海上港戦から中3日で迎えたリーグ戦。相手はガンバ大阪と実力のあるチームであり、これまで通り矢島が先発すると思われたが、インサイドハーフには長澤の名前があった。

▽上海上港を相手に2試合ともしっかりと期待に応えた長澤は、自身のJ1初先発となったG大阪戦でも持ち味を発揮。日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督が求める“デュエル”の強さを備えるインサイドハーフであり、ボールを運べることも新たな境地を開いたように感じる。

◆積み上げた努力が代表への道筋に
(C)CWS Brains,LTD.
▽上海上港戦での長澤は、攻守に躍動。試合後には「運動量を求められるポジションだったけど、何とかやり遂げられて良かった」とコメントしていた。ハードワークと正確なプレーが求められるインサイドハーフ。日本代表としては、多くの選手がプレーできるポジションだが、最適解を見つけていないポジションとも言える。

▽浦和加入後に出場機会がなかった長澤だが、「常に良い準備をしているから、あれだけ走れた。これからまた機会が巡ってくるかわからないので、良い準備して、出たときに最善を尽くしたい」と語る。腐らずに、努力を続け、掴んだチャンスをしっかりと生かす。日本代表の選手としても、必要な能力の1つと言えるだろう。

▽日本代表は11月にブラジル代表、ベルギー代表と対戦する欧州遠征を控えている。12月にはEAFF E-1 東アジアサッカー選手権2017を控えており、日本代表はJリーグ勢で構成される。長澤がこのままのプレーを続ければ、12月の招集はおろか、11月の招集も可能性がないわけでは無いだろう。

▽ただし、浦和がACL制覇となれば、クラブ・ワールドカップに出場するため、12月の招集は見送られるはずだ。そうなると、チャンスは11月の欧州遠征と考えるべきかもしれない。持ち味を結果として示し始めた長澤和輝──残りシーズンの浦和が好調を維持するならば、そのチームを支えているのはこの男かもしれない。

《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》