大谷亮平と本田翼が初共演でダブル主演のサスペンスドラマ「チェイス 第1章」。共演に岸谷五朗、羽田美智子、田山涼成、かとうかず子、でんでん、嶋田久作、平田満ほか/(C)JOKERFILMS INC.

写真拡大

大谷亮平と本田翼がW主演を務めるオリジナルドラマ「チェイス 第1章」が、12月22日(金)よりAmazonプライム・ビデオにて見放題独占配信を開始。本作は、毎週金曜日に1話更新となる全7話の配信で(初回のみ1・2話同時配信)、第2章の配信は2018年春を予定している。

【写真を見る】主題歌はポルノグラフィティが担当。楽曲は本作のために書き下ろした「Working men blues」

本作は、大谷演じる記者・三上と、本田演じるBSテレビの新米AD・麻衣が、27年前に起こった5つの連続幼女殺人の未解決事件の真相に迫るサスペンスドラマ。事件当時、DNA鑑定が決定打となり、一人の男が犯人として捕まった。だが彼の逮捕にはいくつもの矛盾点があった。「本当に彼が犯人なのか? 真実は他にあるのでは?」と心に疑念を抱きながら再度調査を進める三上と麻衣が直面したのは、冤罪(えんざい)という恐ろしい事実、そして国家権力の恐ろしさだった…。

大谷は、昨年「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)で注目され、現在は「連続ドラマW 東野圭吾『片想い』」(毎週土曜、WOWOWプライム)と「東京アリス」(毎週金曜最新話更新、Amazonプライム・ビデオ)に出演中。

今回のオファーについて「素直にすごくうれしかったです。自分も挑戦してみたいタイプの役だったので、大変そうだとは思いましたが、やりがいを感じました。三上は何事にも屈しない骨太な男なので、見た目から男っぽさと、圧倒できるような雰囲気を出せるように、少し体を鍛えてから現場に臨みました」とコメント。続けて「さまざまなハードルが待ち受けている未解決事件。私と本田さんの掛け合いや、その未解決事件に2人がどう向き合っていくのかという部分も見どころです」とアピールした。

一方、本田も現在「奥様は、取り扱い注意」(毎週水曜、日本テレビ系)に出演中で、出演映画「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」の公開が12月1日(金)に控えている。

本田は「キャラクターが成長していく物語ですが、初日から第7話の撮影が入っていたり順番がバラバラだったりしたので演じるキャラクターの成長プランを自分なりに考えるなど、私の中で最も考えて最も監督と相談した作品だと思います。その点で自分自身も成長できたと思いますし、キャラクターの成長過程も演じていて楽しかったです。『報道にも限界がある、でもその限界を超えることができるかもしれない』という可能性をつかめた女の子になれたかなと感じています」と作品の出来に満足げ。

大谷と本田の2人が時にコミカルに、時にシリアスに、バディドラマの新境地を切り開く本作。岸谷五朗、羽田美智子、田山涼成、かとうかず子、でんでん、嶋田久作、平田満らが脇を固める。

脚本は「HERO」シリーズ(2001年ほか、フジ系)やNHKの大河ドラマ「龍馬伝」(2010年)の福田靖が担当。総監督には「神様のカルテ」(2011年)や「白夜行」(2010年)の深川栄洋が就く。そして主題歌を務めるのはポルノグラフィティ。楽曲は本作のための書き下ろし「Working men blues」だ。彼らは主題歌を歌うにあたり「ドラマの中で、 三上と麻衣がどんな“Blues”を奏でるのか、 僕たちも楽しみにしています」とのコメントを寄せている。