出典:https://www.shutterstock.com

「つい出来心で」とか、「ちょっと魔がさしてしまった」という理由で不倫をしてしまったという話を聞くことがあります。

とはいえ“何度もくり返し不倫をする男性”というのは、いったいどんなきっかけで不倫をしてしまうのでしょうか。

そこで今回は“何度も不倫をくり返す男性”の心理をご紹介します。

 

■「刺激」を求めてしまう

結婚生活が長くなってくると、安定した刺激のない毎日に飽きてしまうことがあるようです。奥さんとの関係も、“男と女”といった感じではなくなってくると、特に恋愛での刺激がほしくなるのでしょう。

結婚前に感じた「恋愛でドキドキするような感覚をまた味わいたい」と思ってしまうと、他の女性に目が向いてもしまうのかも。常に新しいものや刺激を求めているような男性は、うかつに近づくともてあそばれてしまう可能性もあるので見極めが必要になってきます。

 

■「承認欲求」が強すぎる

「自分のことを認めてほしい」という承認欲求が強い男性は、仕事でももちろん認められたいですし、女性にもモテるということを誇示したがります。たとえ結婚していたとしても「女性から認められたい」という思いは消えないのでしょう。

また、仕事で成功している場合などは自分に自信もあるため、女性関係においてもその自信を見せつけたいという気持ちにもなりやすいです。こうした男性は、真剣に不倫相手の女性に恋をするということでもなく、都合良く遊ばれてしまう可能性もアリ。

 

■「癒されたい」と感じている

男性のなかには、妻や家庭には“癒し”を求めている人も多いようです。仕事で疲れて帰宅したときなどに癒しをあたえてくれる奥さんこそが、理想の奥さん像と考えているのでしょう。だからこそ、妻では癒されなくなってしまうと、ほかに癒しを求めるようになってしまいます。

仕事で疲れているときだけではなく、仕事がうまくいかないなどストレスを感じているときは、さらに癒しを欲するようになります。弱っている男性に母性本能をくすぐられてしまう女性も多いですが、それがきっかけで不倫関係になってしまうのは危険ですよ。

 

■「性的欲求」を満たしたい

不倫をくり返す男性のなかでも多いのが「性的欲求を満たしたい」という気持ちです。妻のことは、“女”としてではなく“家族”という目でしか見られなくなると、不倫相手を探してしまうのでしょう。

性的欲求を満たしたい男性の場合「妻とはうまくいっていない」とか「別れるかもしれない」といった言葉をエサにして、女性に近づいてくるケースがあります。けれども、実際はエッチをしたいがためのウソである可能性も高いので、軽はずみに足を踏み入れてはいけない相手です。

 

何度も不倫をくり返すような男性に惹かれてしまうと、最後に女性が悲しい思いをするだけになってしまうかも。都合よく利用されることのないように、口先だけの言葉にだまされず、男性の本心をしっかりと見極めるようにしましょう。

【画像】

※ fizkes/shutterstock