「もし彼が浮気したら……。」


出典:https://www.shutterstock.com

浮気に関して、考えたくないことですが、不安になってしまうこともありますよね。あるいは、相手が元々遊び人で女好きだった場合、少しでも改心できたらと思うかもしれません。

今回は参考までに、男性が「これは浮気できない……」と感じた瞬間をリサーチしてみました。

 

■彼のことを強く信じているとわかったとき

「彼女と彼女の友達と飲んでいるときだったかな。友達が冗談で“もし彼が浮気したらどうする?”って、酔っぱらった勢いで聞いたんです。そしたら彼女が“〇〇は絶対そんなことしないよ”って言ってくれて。それが逆にプレッシャーに感じて、浮気をしようと思ってもできないかもしれない。」(28歳/サービス)

男性に浮気をしてほしくないと思ったら、浮気を疑うよりも彼のことを信じてあげたほうが得策かもしれません。彼の浮気が気になって「週末なにしてた?」と聞いたり、スマホチェックしたりするよりも「○○が浮気するはずがない」と彼に告げてしまったほうが、自分の真意が相手に伝わりますし、彼もそれを強く意識するからです。

浮気を疑い続けるのは、付き合っている身としても辛く苦しいもの。悩んでしまったら、ぜひこんな方法も試してみてください。

 

■献身的に尽くしてくれるのを感じたとき

「カゼで寝込んでいたら、自分のアパートまでお見舞いに来てくれたり、仕事で悩んでいたら、俺の話を熱心に聞いてくれたり。大切にしてくれている感じがすごく伝わってきて、そういう子相手に浮気はできないなと思った。」(29歳/販売)

きちんと自分のことを想い、大切にしてくれている人に対して、浮気をしようと思う男性は少数派でしょう。それこそ浮気をしたとなれば、相手に対する罪悪感が生まれてきてしまうと思います。

浮気をしないように意識するよりも、相手とどうしたら気持ちのよいお付き合いができるのか。そのことを考えられるといいですね。

 

■彼女の浮気に対する考えを知ったとき

「テレビの番組で、芸能人の浮気事情が放送されていて。それを見ていた彼女が“黙って浮気されるよりも、ほかに好きな人ができたら、そう言ってもらったほうが楽”という発言がすごく印象的で。彼女のその清い行動に、浮気はできないなと思いました。」(28歳/サービス)

実際に浮気の話が会話に出ると、浮気性の男性にとってはバツが悪いですよね。それだけではなく、浮気がどうしていけないのか。彼女に説得されて「浮気はいけないことなんだ」と再確認させられる男性も多いようです。

「浮気はいけない」というイメージで浮気を語るのではなく“なぜ浮気がいけないのか”。一度彼と話し合いができるといいですね。浮気性の彼を黙って見過ごしてしまう前に、浮気についての考え方を共有することでお互いに納得できたり、彼が改心することもあるかもしれません。

 

基本的には彼の浮気を疑ったり、無理に防止させたりするのは、逆効果だと考えたほうがよいでしょう。それよりも、“お互いにどうしたら幸せなお付き合いができるのか”。このことをふたりでよく考えられると、浮気に悩まされることは格段に減りそうです。

【画像】

※ Maria Svetlychnaja/shutterstock