猛禽系5人組ダンス・アイドルユニット風光ル梟(かぜひかるふくろう)が11月22日に、デビュー・ミニアルバム『風光ル梟』を発売。同作に収録されるリード曲「翼 -TSUBASA-」のミュージックビデオが公開された。

 風光ル梟は、全国各地から集まった「猛禽の女神」、植木美心、山崎カノン、大西凜、植木琳美の4人のメンバーとプレーイング・プロデューサーのMisakiから成る。梟の様に強く美しく羽ばたいて幸せ運ぶグループという意味を込めて、Misakiが命名。

 「翼 -TSUBASA-」は、<飛び立て 世界を超えてゆけ 曇り空 蹴り飛ばして 駆け抜けよう>と歌われ、これからメジャーデビューを果たす風光ル梟が、羽ばたいて行く様子と願いを込めたアップテンポな楽曲。

 MVでは、冒頭、Misakiの本格派ダンスシーン、続いて、メンバー4人のキュートで元気いっぱいのダンスが見どころとなっている。

 また、人気ゲームアプリ『ジョーカー 〜ギャングロード〜』のオフィシャルパートナーアーティストを務める風光ル梟は、現在、東京23区制覇ライブを実施中。10月末までに23区でのライブをおこない、合計2300人の寄せ書きが集められたあかつきには、『ジョーカー 〜ギャングロード〜』のゲームと漫画内に、メンバーがキャラクターとして登場できるミッションが課せられている。10月29日、23区制覇達成式で結果が発表される予定。

 なお、コラボ企画として、ミニアルバム『風光ル梟』CDに、ゲームアプリ『ジョーカー 〜ギャングロード〜』SSR以上確定ガチャチケットが手に入る、シリアルナンバー入りリーフレットが封入される。

「翼 -TSUBASA-」MV