360度あらゆる方向から見える裸眼3Dディスプレイ、マクセルが開発。独自技術で解像度と投影サイズ向上

マクセルが曲面スクリーンを用いた裸眼3D映像表示技術「Glasses-free 3D-Display」を発表しました。複数のひとが同時に一つの映像を360度あらゆる方向から見ることができます。Glasses-free 3D-Displayは情報通信研究機構(NICT)のユニバーサルコミュニケーション研究所が開発したfVisiOnと呼ばれる技術をベースとしており、光線の拡散を制御する特殊な円錐型のスクリーンを使用し、複数のプロジェクターから映像を同期・重畳投写して立体映像化するしくみです。

マクセル独自の光学技術によって、光線密度は従来の3.5倍となり、映像の解像度、リアリティを向上。表示可能なサイズも拡大したとのこと。

裸眼で、しかも360度全方向から立体視が可能。特殊なコンテンツ生成技術との組み合わせで3D動画にも対応します。マクセルは将来的にデジタルサイネージや車載映像表示システムの分野にこの技術を展開したいとしています。

なお、現時点でこの技術はまだ試作段階であり、立体像表示検討のため試作機での視野角は約50度にとどまるとのこと。試作機は10月28日〜11月5まで東京ビッグサイトで開催される東京モーターショー 2017に参考出展する予定です。