カプチュール ユース

写真拡大

 パルファン・クリスチャン・ディオール・ジャポンが、20〜30代に向けた新スキンケアライン「カプチュール ユース(CAPTURE YOUTH)」を発表した。2018年1月1日から発売される。

 "予測系スキンケア"と位置付ける「カプチュール ユース」は、肌の不調が目に見えるエイジングサインとして定着する前に、潜在的な肌老化の要因を摘み取ることで素肌力をサポートするスキンケアライン。グリオキサラーゼと呼ばれる酵素の働きが年月の経過とともに衰えることを研究で明らかにし、グリオキサラーゼの活性に効果を持つアイリスのエキスを取り入れた全6アイテムを展開する。価格はクリーム(50ミリリットル)が1万1,500円、くすみ、ハリ、赤みなど用途別のセラム5種類(30ミリリットル)が各1万1,500円。モデルや女優として活躍するカーラ・デルヴィーニュ(Cara Delevingne)は、カプチュール ユースが提案する「意志を持って毎日を生きる女性像」を体現する存在としてミューズに抜擢された。
 なお、ホワイトニングライン「ディオール スノー」の2018年の広告塔には、モデルのフレデリック・ソフィ(Frederikke Sofie)が起用された。