EVO+、亀田誠治やJinmenusagiらを迎えた2ndアルバム『Methuselah』発売

写真拡大

 EVO+が、来年1月17日に2ndフルアルバム『Methuselah』(読み:メトシェラ)をリリースする。

関連:主宰tomadが語るMaltine Recordsの10年とこれから「才能ある人が音楽を続けられる環境を作りたい」

 EVO+は、素顔や詳細のプロフィールを明かしていないネットシーン発のシンガー。動画サイトでの総再生数は2,000万回を超え、R&Bやジャズ、エレクトロなどを歌い上げる歌唱力で支持を集めている。

 アルバム『Methuselah』は、EVO+自身の呼称“樹齢600年の大木”になぞらえて、アメリカカリフォルニア州に実在する樹齢約4800年の大木「Methuselah」から名付けられた。クリエイター陣には亀田誠治をはじめ、Jinmenusagi、みきとP、にお、Michael Jamesらが参加し、カバーアートは画家の平賀太郎が担当している。

 さらに、同アルバムの発売に先駆け、先行シングルとして、11月22日にEVO+が初の作詞を担当、プロデュースに亀田誠治を迎えた『輪舞曲』、12月20日にはJinmenusagiを客演に迎える『Get Up feat.Jinmenusagi』をリリースする。

 なお、EVO+は10月25日には1stシングル『彼女』を配信リリースする。(リアルサウンド編集部)