フォード、様々なチューナーがカスタムした7台の「マスタング」をSEMAショーに出展!

【ギャラリー】2018 Ford Mustang SEMA 2017 7


フォードは噂によると、10月31日から11月3日に米国ラスベガスで開催されるSEMAショーに、他の自動車メーカーよりも多くの車両を出展するらしい。全部で50台を超えるというそれらのクルマの中に、カーボンファイバー製パーツや様々なペイントによってカスタマイズされた7台の2018年型「マスタング」が含まれる。
中でも、ラウシュ・パフォーマンスが手掛けたグラバー・グリーンのマスタングは際立っている。ラウシュの新しいボディ・キットに加え、ワイド・ボディ・キットを組み合わせることで拡大されたフェンダーには、ヴォッセンの特製鍛造ホイール(前20×10インチ、後20×11インチ)とコンチネンタル製「エクストリーム・コンタクト」タイヤ(前295/30R20 front、後305/30R20)が収まる。スタイリングのモチーフは1970年型「BOSS 429」だという。


レースシング・ドライバーのブラッド・デベルティ(DeBerti Design)は、ミッキー・トンプソンの幅広タイヤを履くためだけにボディを拡げた。旧さと新しさを結びつけたボンネットのデザインが特徴的だ。


Tucci Hot Rodsのファストバックは、マスタングで200mph(約322km/h)という最高速度を実現するために、エンジンにはHellion製ツインターボ・キット、後方にはストラウドのパラシュートといった相反する装備を搭載している。


Speedkoreは「クラシックなアメリカン・ロードスターの再解釈」をテーマとし、コンバーチブルをベースに、ハンドメイドのトリム、カーボンファイバー製ロールバー、ボマー・ブラウンのオール・レザー・インテリア、そして1930年代風トノカバーを装着した。


MAD Industriesも同様に、コンバーチブルを選んでカスタマイズ。カーボンファイバー製リア・ウイングや、フロント・スプリッター、Nicheの20インチ「Staccato」ホイール、特製ペイントでアグレッシブに仕立て、2.3リッター直列4気筒ターボ「EcoBoost」エンジンはフォード・パフォーマンスのインテークとエキゾーストでリチューンされている。


警察の非営利団体「DRAGG(Drag Racing Against Gangs and Graffiti(日本語にすると「ギャングと落書きに対抗するドラッグレース」)」が作り上げたマスタングのパトカーは、"社会に奉仕するスピードスター"だ。マイケル・ベイ監督の映画『トランスフォーマー』に登場するキャラクター「バリケード」が変形する警察仕様のマスタングを思わせる。


Air Designは獰猛さよりも洗練を選び、滑らかなラインを強調するボディ・キットで仕上げている。取り付けは比較的簡単なので、実際にオーナーがカスタマイズする際の参考になるだろう。シートは革張りのレカロ、ブレーキはウィルウッド、そしてフォージアートの21インチ・ホイールに装着するタイヤはピレリ「P Zero」(前275/35ZR/21、後295/35ZR/21)とスポーティな仕様。

大手メーカーだけでなく、お馴染みのチューニング・メーカーが、アイバッハやラウシュ、H&Rなどのサスペンション、ウィルウッドやブレンボのブレーキ、フォージアートやヴォッセなどのホイールを使ったラインナップを用意している。グリッター入りのペイント、LED、クロスステッチ入りレザー、そしてたくさんのスピーカーが、SEMAの来場者を喜ばせるに違いない。

By JONATHON RAMSEY
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【ギャラリー】2018 Ford Mustang SEMA 2017 7



■関連記事
・【ビデオ】フォード、新型「マスタング」全車にラインロック機能を標準装備 誰でも簡単にバーンアウト!
・【ビデオ】マイナーチェンジしたフォード「マスタング」、0-60mph加速は3秒台! 
・【ビデオ】新型フォード「マスタング GT」、深夜や早朝は自動的に爆音を控える「静音モード」を搭載

■関連動画